フィールディング

ボテボテのサードゴロをバックハンドでアウトに!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日は斬新なプレーを紹介します。

4月5日のマリナーズvs.アストロズ戦でのことです。

バッターはジャロッド・ダイソン選手。

彼はMLBで176個も盗塁を決めている非常に足の速い選手です。

そんなダイソン選手がサードへボテボテのゴロを打ったんですね。

そのゴロを処理するブレグマン選手のプレーが斬新だったんです。

なんとバックハンド!

斬新ですよね。

こんなプレーは初めて見たんですが…

彼らにはアウトをとるための選択肢がたくさんあるようです。

こんな風にたくさんの選択肢を持って、必死にアウトをとりにいける内野手が増えたらいいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

sense1
maekawa

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. あのスーパースターがバッターボックスに入るたびに確認していた言葉とは?
  2. 【練習での割合は約1割】走塁を軽視していませんか?
  3. あなたが本当の自分を知りたいのであれば…
  4. 【プロ野球選手の走塁ミスに学ぶ】帰塁のルールとは?
  5. 【アウト?セーフ?】打球が走者に当たった場合
PAGE TOP