フィールディング

ボテボテのサードゴロをバックハンドでアウトに!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日は斬新なプレーを紹介します。

4月5日のマリナーズvs.アストロズ戦でのことです。

バッターはジャロッド・ダイソン選手。

彼はMLBで176個も盗塁を決めている非常に足の速い選手です。

そんなダイソン選手がサードへボテボテのゴロを打ったんですね。

そのゴロを処理するブレグマン選手のプレーが斬新だったんです。

なんとバックハンド!

斬新ですよね。

こんなプレーは初めて見たんですが…

彼らにはアウトをとるための選択肢がたくさんあるようです。

こんな風にたくさんの選択肢を持って、必死にアウトをとりにいける内野手が増えたらいいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

sense1
maekawa
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. プロ野球選手とアマチュア選手に見えるキャッチボールでの意識の差
  2. 【日本を代表する2人の投手】その原石時代とは?
  3. 【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?
  4. 【32年ぶりの記録更新ということで…】32年ぶりに清原和博氏のホームランを見てみ…
  5. 【松中信彦氏が語る】15歳以下の野球選手の育て方とは?

関連記事

  1. フィールディング

    【ビリー・リプケン氏から学ぶ】良いタッグと悪いタッグの違いとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はビリー・リ…

  2. フィールディング

    【二塁手必見!】この動きを徹底的に身につけましょう

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日も紹介させて…

  3. フィールディング

    外野手がよく言われる「先に下がれ!」とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。外野手が後方のフ…

  4. フィールディング

    結局、12月になってしまいました【野球センスを磨く方法です】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あの記事を書いた…

  5. フィールディング

    【あの選手に期待する】凄くて巧い内野手に…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、こんな記事…

  6. フィールディング

    先輩に「投げにくい」言われたキャッチャーが超一流のキャッチャーになれた理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本シリーズでM…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    凄くて巧い内野手【その基準とは?】
  2. フィールディング

    【内野守備】あなたは『一文字』or『ハの字』?
  3. フィジカル

    保護中: 【つま先の向きが変わると身体が変わる】つま先を内側に向けた場合と外側に…
  4. バッティング

    日米の首位打者に共通しているバッティング技術とは?
  5. フィールディング

    ボールを捕るときにジャンプをすると目線がブレない。
PAGE TOP