ピッチング

今、世界一のピッチャーはクレイトン・カーショウ投手!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ロサンゼルス・ドジャーズにクレイトン・カーショウというピッチャーがいるのをご存知でしょうか?

このカーショウ投手、MLBの9年間で126勝も挙げている素晴らしいピッチャーなんですね。

彼は126勝を挙げてるだけじゃなくて、そのうちに完封勝利が15回もあります。

それだけじゃなくて…

最多勝を2回、最優秀防御率も4回、最多奪三振も3回、そしてなんとサイ・ヤング賞をすでに3回も獲得している世界一のピッチャーです。

年齢は29歳なので日本でいうと田中将大投手の1学年上の選手になるんだと思います。

で、そんなカーショウ投手が高校生の時に打者全員から三振を奪った試合があるんですね。

試合は5回コールドだったので打者15人に対して15奪三振、それだけじゃなくてついでにホームランまで打っちゃう活躍ぶり…

その試合の映像をぜひご覧ください。

このピッチャーがのちに35億円稼ぐピッチャーになるんですね。

MLB9年間の通算防御率は2.37で通算WHIP(投球回あたり与四球・被安打数合計)は1.01。

これはもう驚異的な数字です。

なんなんでしょう?

ストレートも速いし、スライダーも鋭いし、カーブもうまく抜けてるけど…

なぜカーショウ投手のボールだけは打たれないんでしょうか?

その理由の一つが自由な足の使い方にあるような気がするんですよね。

この映像を見ると打ちにくそうな感じがしませんか?

タイミングがとりにくそうですよね。

で、

カーショウ投手を見るたびにこういう工夫をするのも一つの手だなって思うんですね。

日本では大谷投手が大人気ですからね。

彼のようなオーソドックスな投げ方が流行るのはよくわかります。

キレイでかっこいいですもんね。

でも、ちょっと視野を広げて世界を見てみるとオーソドックスではない投げ方のピッチャーが世界で一番なんですね。

そういう事実も知っておいて欲しいなと思いましてカーショウ投手を紹介してみました。

ぜひ上達のヒントにしてみてください。

では、また。

control
speedup
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 180キロ以上の打球が打てる大谷翔平という怪物
  2. 【ゴールドグラブ賞を3回受賞した男から学ぶ】壁を使った野球上達法!
  3. 日本野球の守備に問題があるのはもう分かった。だったら次のレベルに進もう!
  4. 【ホームランは正義】山川選手が選んだ野球選手としての生き方
  5. 保護中: プロ野球選手になる方法があるとすれば…

関連記事

  1. ピッチング

    骨盤が後傾してしまうクセが改善できる?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ダルビッシュ投手のイン…

  2. ピッチング

    ついに150キロのボールを投げた!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。私の母校である敦…

  3. ベースボールIQ

    志田スコアラーのお話しは選手も指導者も必見です!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。読売ジャイアンツ…

  4. ピッチング

    【抜群の制球力】その理由は…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、引退を表明…

  5. ピッチング

    【結局の話】勝つのは感度が高い選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズンからM…

  6. ピッチング

    あのピッチャーが登板日の前日に行っている事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あのダルビッシュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    クロマティ氏が語る『バッターがクセにするべき事』
  2. フィジカル

    練習やトレーニングにかける時間を増やすために睡眠時間を削るのはガソリンを入れずに…
  3. フィールディング

    【ボビー・ディッカーソンコーチが教える】内野手の守備について
  4. バッティング

    この国はいつまで『ヒッチ=悪』なんでしょうね?
  5. バッティング

    これからの野球界はバットを強く振れない選手は使ってもらえない。
PAGE TOP