バッティング

イチロー選手が語る『肉体のこと』と『バッティングのこと』。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日、イチロー選手が貴重なお話をされていましたね。

「肉体のこと」と「バッティングのこと」と。

肉体に関してはこんなことを言ってました。

「これから僕の絶頂期が来るってどうして考えられないんだろう」

これまでの常識を破壊する考え方に感心するばかりです。

バッティングの方は…

試合でのイメージとはまるで違うバッティング練習を見たスタッフが「なぜ練習でここまでフルスイングするのか?」と質問。

それに対してイチロー選手は平然と…

「バット振れないと基本ダメでしょ」と。

ただ…

「(自分は)流打ちはいつでもできるもんね」と。

これは、そういう技術も必要なんだよということでしょうか。

ただただ…

自分と同じ価値観でバッティングを語れるのは王監督で「バットを強く振れなくてはいけない」という根本的な考え方を共有していると。

王監督も左バッターがレフト方向に軽く打ってる練習は大嫌いなんだそうです。

まあ、僕の話よりぜひとも映像を見て野球の上達に役立ててください。

strong
mot

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【小久保裕紀氏に学ぶ】チームを強くした伝統とは?
  2. 野球選手の育て方には解放という方法もある。
  3. イチロー選手が語る『肉体のこと』と『バッティングのこと』。
  4. 【オリックス・吉田正尚選手】フルスイングに対する誤解
  5. 内野手はひとつのエラーをどう生かすかもセンスです。
PAGE TOP