バッティング

イチロー選手が語る『肉体のこと』と『バッティングのこと』。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日、イチロー選手が貴重なお話をされていましたね。

「肉体のこと」と「バッティングのこと」と。

肉体に関してはこんなことを言ってました。

「これから僕の絶頂期が来るってどうして考えられないんだろう」

これまでの常識を破壊する考え方に感心するばかりです。

バッティングの方は…

試合でのイメージとはまるで違うバッティング練習を見たスタッフが「なぜ練習でここまでフルスイングするのか?」と質問。

それに対してイチロー選手は平然と…

「バット振れないと基本ダメでしょ」と。

ただ…

「(自分は)流打ちはいつでもできるもんね」と。

これは、そういう技術も必要なんだよということでしょうか。

ただただ…

自分と同じ価値観でバッティングを語れるのは王監督で「バットを強く振れなくてはいけない」という根本的な考え方を共有していると。

王監督も左バッターがレフト方向に軽く打ってる練習は大嫌いなんだそうです。

まあ、僕の話よりぜひとも映像を見て野球の上達に役立ててください。

strong
mot

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 練習に取り組む姿勢とは?
  2. 日本野球界屈指のランナーの盗塁理論
  3. ドミニカ共和国のある選手が来年も野球をするために行っている練習とは?
  4. MLBのスプリングトレーニングから学ぶ《外野手の練習方法とは?》
  5. 【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?
PAGE TOP