ピッチング

野球選手にとっての良いフォームとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

良いフォームっていう言葉をよく耳にしますよね。

僕も選手を動きを見ていて、

「良いフォームやなぁ~」

って思うことはあるんですが…

ところで、

『良いフォーム』

って何なんでしょうか?

例えば…

投げることで考えてみましょう。

工藤氏は大谷投手のフォームを「素晴らしいフォームだ」と言っておられました。

まあ、僕もそう思います。

本当にキレイなフォームです。

子供たちがこんなフォームで投げてくれればと思います。

が、

大谷投手はコントロールに課題があるんですよね?

この辺が不思議じゃないですか?

良いフォームなんでしょう。

けど、コントロールに課題がある。

不思議なんですよ。

だから僕は良いフォームを語る人には必ず聞くことがあります。

「あなたの考える『良いフォーム』の定義はなんですか?」

と。

それに加えて聞きます。

「あなたが考える良いフォームにすれば故障しなくなるんですか?それとも速いボールが投げられるようになるんですか?それともコントロールが良くなるんですか?それともそれとも、もしかしてこの3つ全て手に入るんでしょうか?」

と。

気になるんですよね。

1)故障しないフォームが良いフォームなのか?

2)速いボールが投げられるのが良いフォームなのか?

3)コントロールがよくなるのが良いフォームなのか?

4)3つ全てが手に入るフォームがあるのか?

気になりませんか?

でね、僕は思うわけです。

3つ全てが手に入るのなら、どんな事でも聞きますよ。

と。

バッティングだって同じですよ。

1)体に負担が少ないフォームが良いフォームなのか?

2)強い打球を打てるフォームが良いフォームなのか?

3)バットの芯で捉える確率が高くなるフォームが良いフォームなのか?

4)キレイなフォームが良いフォームなのか?

5)全てが手に入るフォームが良いフォームなのか?

まあ、要するに…

『良いフォーム』の定義がハッキリしてないんじゃないか?

ということです。

で 、話は変わりますが…

中日の浅尾投手。

スゴいボールを投げますよね。

けど、

彼のフォームは肩や肘に負担が掛かるフォームなのかな?

最近も右肘が張っていたとか。

そうすると関係ない人は言いますよ。

「あのフォームでは肩や肘に負担が掛かる」

って。

でも、

自分が浅尾投手の立場ならどうなんでしょうかね?

僕ならフォームなんていじらない。

だって、

強いボールが投げれるもん。

故障しないフォーム。

肩や肘に負担が少ないフォーム。

それを手に入れて打たれるボールになってしまったら意味がない。

そう思うわけです。

まあ、そうならない可能性もある。

もちろんね。

でも、僕の定義から言うと、

「浅尾投手のフォームは良いフォーム!」

なんですよね。

強いボールが投げれるんですから。

けど、

一般的に良いフォームというのは故障しないフォームなんだろうなと感じています。

でも「それは甘いよ!」って言いたいんです。

野球界はそんなもんを手に入れたところで通用する世界ではないですから。

野球界はね。

一野球人として、そう思っています。

まあ、グダグダな話になりましたので聞き流しておいて下さい。

では、また。

speedup
control

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. メカニズムとセンスのバランスはとれていますか?
  2. あのメジャーリーガーたちもベースランニングの練習をしている
  3. 【コーチング】選手を困らせていませんか?
  4. 【世界最先端】あのピッチャーが急成長している理由とは?
  5. 【いやいやちょっと待ってください!】バッティングの性質を理解していますか?
PAGE TOP