フィジカル

ブライス・ハーパー選手に学ぶ【ホームランを打つための体づくり】

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

僕がブログでブライス・ハーパー選手をはじめて紹介したのが2012年2月でした。
↓↓↓
世界の広さを実感する。《ブライス・ハーパー選手》(ベースボールバイブル公式ブログ)

当時はまだ19歳でメジャーデビューもしていなかったので、あまり知られていなかったハーパー選手でしたが…

今では野球好きの人なら誰もが知る選手になりましたね。

そんなハーパー選手がどんどん凄くなっていくのを見るのが今の楽しみなんですが…

ハーパー選手のデッドリフト動画がこれまた凄いんです。

デッドリフトで505ポンド!

ハーパー選手のInstagramにアップされていたデッドリフトの動画がコチラです。

Back is rounded a bit, but at #505 I’ll take it! 🏋🏼#noOFFseason VC: mark philippi

Bryce Harperさん(@bharper3407)が投稿した動画 –

本人が「背中は丸まってるけど…」と書いているように、確かに背中は丸まっていますが…

重さはなんと505ポンド(約229キロ)だそうです。

そして、こっちはスクワットの動画。

ただただ感心するばかりですが…

この肉体が強烈なスイングを生み出すんですね。

シーズンオフでトレーニングに励んでいるあなたもハーパー選手に負けずに頑張ってください!

まあ、無理は禁物ですのでくれぐれもご注意を…

では、また。

yasuda
20year

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 野球選手が上達するための極意とは?
  2. 地道なことの積み重ねが名捕手への道なのかもしれない
  3. 【20歳で東京ドームの天井を直撃】彼はどんなトレーニングをしているのか?
  4. じっとしてても180キロの打球は打てるようにはならない【180キロの打球を打てる…
  5. 【斎藤隆氏のMLBリポート】1Aの目的とは?
PAGE TOP