フィールディング

【スラップ打法で挑んできた!】坂本勇人選手vs.サントス選手の競争は?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日の日本とキューバの試合も面白かったですね。

その試合の中でも坂本選手がスラップ(走り打ち)をしてきたサントス選手をアウトにしたシーン。

興奮しましたね。

サントス選手の一塁到達タイムを手動で測ったら3.4秒。

ということは坂本選手は打球が飛んできてから3.4秒以内に一塁までボールを送ったということです。

3.4秒で一塁に到達してしまう選手との競争に勝った坂本勇人選手。

「素晴らしい!」の一言です。

まあ、これは勝手な個人的願望ですけど…

ショートを守る選手はこういう競争に勝てる選手であってほしいなと思います。

さあ、今日はこのぐらいにしておいて…

今、プエルトリコとドミニカ共和国が戦っていますので観戦しましょう!

セカンド:バエス、サード:コレア選手、ショート:リンドーア選手のプエルトリコと…

セカンド:カノ選手、サード:ベルトレ選手、ショート:マチャド選手のドミニカ共和国。

あれ?

今日はレイエス選手が出ていない。

けど、世界最高の内野陣です。

このスピード感を目に焼き付けておきましょう!

では、また。

sense1
maekawa
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 壁にぶつかれる選手、壁を乗り越えれる選手
  2. 保護中: 速いボールを投げるために脳の使い方を変えてみる【パスワードは今日のLI…
  3. 【日本とアメリカ】スローイングの時によくある違いとは?
  4. 自分にとってベストのリード幅を作ろう!
  5. やる気を出させるよりも…

関連記事

  1. フィールディング

    MLBのスプリングトレーニングから学ぶ《外野手の練習方法とは?》

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。僕は・・・…

  2. フィールディング

    ボールを捕るときにジャンプをすると目線がブレない。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。たまたま動画で新…

  3. フィールディング

    【星稜高校野球部名誉監督・山下智茂氏が語る】大阪桐蔭の強さの秘密

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今年の甲子園の決…

  4. フィールディング

    【ハンドリング】その柔らかさは異次元です。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今、日本で守備が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    保護中: 【つま先の向きが変わると身体が変わる】つま先を内側に向けた場合と外側に…
  2. ピッチング

    【世界最先端】あのピッチャーが急成長している理由とは?
  3. コーチング

    大ブレイクしたコディ・ベリンジャー選手のお父さんがベリンジャー選手を語る
  4. ピッチング

    あのピッチャーが登板日の前日に行っている事とは?
  5. バッティング

    イチロー選手のバッティングから学ぶ。《連ティーに隠さているものとは?》
PAGE TOP