バッティング

野球選手がホームランを打ちたいと思ったら、ここからスタート!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

あのミゲル・カブレラ選手がインスタグラムに小さな野球少年がプレーしている動画を投稿していたんですが、その選手が良い選手なんですよ。

まだ小さい選手なんですけど全身を使ってスイングしています。

ホームランを打ちたいんでしょうね。

スイングするのを見ているだけで、そういう彼の思いが伝わって来るんです。

ぜひ、ご覧ください。

Este niño me dejo loco ✅ que fenómeno 💪

Miguel Cabreraさん(@miggy24)が投稿した動画 –

いかがでしょうか?

世界ではこんなに小さい選手がこんなに一所懸命バットを振っているのに…

こぢんまりとしたスイングをしていて彼らに勝てるでしょうか?

確かにひとつの技術を身につけることは大変なことです。

ですから技術を身につけたくなるのもよく解るんですが…

それと同じように全身を使って振るのも難しいことなんですよね。

いきなり全身を使って振ってみようと思っても出来るものではありません。

実はこれも積み重ねなわけです。

ですから僕個人としては…

誤解を恐れずに言うとバッティング技術なんて捨ててしまっていいと思っています。

まず振れてこそ。

「ホームランを打ちたい!」なら、そこからではないでしょうか?

まあ、参考まで。

では、また。

yasuda
strong

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 汚いフォームは武器である!
  2. 【この夏に輝いていた一人の投手】関東No.1と言われた投手の中学時代は…
  3. 野球選手である限り技術の追求に終わりはない!
  4. 史上最強の中学野球チームから学ぶ《少年野球チームのあるべき姿とは?》
  5. 【さすがの広島東洋カープ】外野手にもあの練習!
PAGE TOP