マインド

超一流の選手がこれだけ真摯に野球に取り組んでいる

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今シーズン、私たち野球ファンを存分に楽しませてくれた大谷翔平選手。

彼は本当に何から何まで感心させてくれますね。

ぜひ、読んでみてください。

大谷翔平、バラエティー出演のハードル高く 数百万円提示も答えはNO

「シーズン中はプレーに集中し、シーズンオフは年末年始の特番を中心にバラエティーに出演して世間に顔を売る。日本のプロ野球選手は毎年そんなふうに過ごしていますが、競争が激しく“結果がすべて”のメジャーの第一線で戦う大谷選手は別。この年末年始にバラエティーで拝むのは難しそうです」(前出・スポーツ紙記者)

そんな大谷は、変わらずトレーニングに励んでいる。毎朝、トレーニングウエアを着て、通訳兼マネジャーが運転する車の助手席に乗り込み練習場へ。岩手県に住む母親が東京の自宅まで来て、食事を作ることもあるという。

「2021年シーズン、ホームラン王をあと一歩のところで逃した。二刀流でホームラン46本というのは前代未聞の数字ですが、本人は心底悔しがっています。次のシーズンに懸ける思いは強い。年末年始もトレーニングは欠かさないはずですから、年越しも普段着のジャージーで、“身内”と共に過ごすのでしょうね」(別のスポーツ紙記者)

どこまでいっても偉大な野球少年なのだ。

大谷翔平、バラエティー出演のハードル高く 数百万円提示も答えはNO|NEWSポストセブン

誰もが驚く活躍をしても浮かれることなく淡々と当たり前のように真摯に野球に取り組む。なぜなら自分は野球選手だから…

ぜひともですね、こういう姿勢を多くの野球選手に見習って欲しいなと思います。

大谷選手のような成績を残すのは難しいと思います。でも、大谷選手のように真摯に野球に取り組むことは彼のような成績を残すよりは簡単なことではないでしょうか。

どうか、頑張ってください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【クリケットから学ぶ】フィールディングドリル
  2. 2年連続二冠王に輝いた選手のスイングイメージとは?
  3. 中学時代は6番バッター?
  4. 【伝説のバッター】ハンク・アーロン氏のバッティング理論とは?
  5. 野球選手を育てようとしてるのに、なぜボールを扱わせないんですか?
PAGE TOP