コーチング

【意外とやっていない練習】指導者が参考にすべきノックとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日、中日ドラゴンズの立浪監督が就任後はじめてノックをしたとツイッターで話題になっていました。

誰にノックをしていたのかというと捕手の石橋選手でしたね。

また、別の日にも…

私は立場上、多くのチームのノックを見させてもらうんですが、キャッチャーは本当にノックでボールを捕りません。

バント処理の練習とキャッチャーフライを捕るだけで終了するチームもたくさんあります。

たくさんというか、ほとんどのチームがそうです。

でも、個人的にはキャッチャーにこそたくさんボールを捕らせるべきだと思っています。

一箱、二箱はノックするのが普通ではないか、と。

だって、1点プレーですからね。

そのボールを捕れば1点を防げるかもしれないし、落としてしまうと1点を与えるわけですから。

まあ、そういうことを理解している立浪監督はさすがだなと思いますね。

やっぱりPL学園で揉まれてきた野球人は1点の重みを知っているということでしょう。

ぜひ、多くの指導者に参考にしてもらえればと思います。

まあ、キャッチャーフライを打ってあげることも大切かもしれませんが、自己満足のためにキャッチャーフライを打っているようでは指導者としてどうかと思いますね。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 史上最強の中学野球チームから学ぶ《少年野球チームのあるべき姿とは?》
  2. 人が能力を発揮する時というのは…
  3. 中学まで軟式野球をすることは理にかなっている
  4. 指導者は野球選手の枠を破壊してやる!【バッティング指導法】
  5. 【映画『マトリックス』に学ぶ】速く動く方法
PAGE TOP