ベースランニング

非常に参考になる3塁走者の走塁

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

非常に良い走塁動画がありました。

3塁走者の時に浅いフライが飛んだらベースから離れている選手が非常に多いですけど、それはやめた方が良いですね。

打球が浅くてもタッグアップの準備をしておく。

これが非常に大事です。

そもそも浅いフライでもこの動画のように内野手が変な捕り方をするときがありますし、外野手が飛び込んで捕るときもあります。

そんな時にタッグアップの準備をしていればタッグアップできますけど、ベースから離れているとベースに戻るしかありません。

なので、この動画を参考に走塁をして欲しいなと思います。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. “呪縛”が解かれたら大爆発!こんな野球選手がたくさんいます。
  2. 野球の守備が上手いかどうかはボールを握り変える技術を見れば分かる!
  3. キャッチングの方法
  4. オリックスvs.千葉ロッテ【観戦記】
  5. 【極限の試合でも間違えない】2塁ランナーのルール
PAGE TOP