バッティング

【150打席でわずか4三振】彼がバットを振れる理由

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

私がこの記事を書いたのが2018年の2月28。

【オリックス・吉田正尚選手のバッティングから考える】バッターに必要なバッティング技術とは?


→ 【オリックス・吉田正尚選手のバッティングから考える】バッターに必要なバッティング技術とは?

これを書いたあとに多くの方が吉田正尚選手の三振を気にするようになりましたが…

ついにパ・リーグTVも彼のそのコンタクト能力を取り上げました。

150打席でわずか4三振ですからね^^;

異常な数字です。

けど、当てられるから振れるとも言えるわけですね。

要するに、フルスイングの練習ばかりしているだけでは足りませんし、コンタクトの練習ばかりしているだけでも足りません。

その辺をしっかりと理解した上で野球に取り組んでもらえればと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【2人合わせて1,458本塁打】そのバッティング理論とは?
  2. 【ライオンズの橋上コーチから学ぶ】あの選手の年俸が倍増した理由
  3. 相反する2つの理論【柔軟性?筋力?】
  4. 【このスイングはどうですか?】ある野球少年のスイング
  5. 身長が低くても素晴らしい成績を残す選手たち
PAGE TOP