ピッチング

20〜25歳は体で覚えろ!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日のスポーツ報知の記事にこんな記事がありました。

【巨人】桑田コーチが語る理想(前編)…先発完投135球の真意、球種は減らせ

桑田コーチはかつて、故障防止のための球数制限など意見を述べてきたが、それはプロへ向けての言葉ではない。

「鉄は熱いうちに打てってよく言うじゃないですか。それは小中高校生じゃなく、20~25歳の間。学童、学生野球の成長期での走り込み投げ込みはダメだって言っているんです。だから、20歳から25歳の選手は体で覚えてもらいたい。去年はランニングも球数も少ない。選手たちには『えぇっ』て言われるかもしれないが、僕は投げさせたいし、走らせたい」

【巨人】桑田コーチが語る理想(前編)…先発完投135球の真意、球種は減らせ|スポーツ報知

私は勘違いしてました。

桑田氏は投げ込み、走り込み不要論者だと思っていましたけど、そうではなかったんですね。

「20~25歳は体で覚えろ」

こういう考えだったんですね。

勉強になりました。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 保護中: 【多くの野球人がよく間違える『グラブを立てる』】その方法を知っています…
  2. 【独断と偏見】今シーズン最高のダブルプレー
  3. 【MLBで150勝】カーブの投げ方を学んでみてください!
  4. スイングスピードを上げるために…
  5. 野球選手は体を上手に扱えてこそ!
PAGE TOP