フィールディング

【北條選手が語る】坂本選手が一番すごい事とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はこんな記事を目にしました。

坂本塾で立ち返った原点 阪神・北條は巨人・坂本勇との合同トレで「キャッチボールが一番すごいと思った」

阪神・北條史也内野手(26)が24日、自主トレのため甲子園球場クラブハウスを訪れ、巨人・坂本勇人内野手(32)と行った合同自主トレの一番の収穫を「キャッチボール」と明かした。もちろん、昨季2000安打を達成した高校の先輩からは打撃の技術論も吸収。「原点回帰」で巻き返しのシーズンに臨む構えだ。

最も印象に残ったのは、「原点」だった。巨人・坂本勇に師事し、18日間にも及んだ合同自主トレ。その収穫を問われた北條は、開口一番に「キャッチボール」を挙げた。

「キャッチボールが一番、自分の中ではすごいなと思った。“そんなにキャッチボールに対して意識を置いてるの”って感じた。それが守備の安定感、送球の安定感につながるんだなと思いました」

坂本塾で立ち返った原点 阪神・北條は巨人・坂本勇との合同トレで「キャッチボールが一番すごいと思った」|スポニチアネックス

キャッチボールが一番すごいって素晴らしい話ですよね。

でも、実際に良い選手とそうでない選手の差が1番わかりやすいのがキャッチボールなんですね。

ですから、多くの野球選手には本当にキャッチボールを大切にしてほしいと思います。

私のキャッチボールに対する考え方はDVDの中でお話ししていますので、ぜひ見てみてください。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ヒッチを使うバッターが続々登場!
  2. 【バッティング】コンタクト能力を高めるために…
  3. まるで手品のようなキャッチボール
  4. 【400勝投手から学ぶ】野球選手としての在り方
  5. 【チャーリー・ブラックモン選手から学ぶ】世界トップクラスのバッターがやっている事…
PAGE TOP