バッティング

打撃成績を上げたいと思ったときに意外と忘れていること

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

井端氏と赤星氏の対談が面白いですよ。

ショート・井端は野村克也氏が作っていたという話も面白いですけど…

打撃成績を上げるための考え方は特に必見です。

バッティングのことになると体や技に走りがちですけど、頭を使えば成績が上がるということを多くの野球選手に知ってもらいたいですね。

高校野球なんかを見てるとストライクなんか投げてこないカウントで平気でボール球を振ってる選手がいたりしますから。

ぜひ、お二人の対談を聞いてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. イチロー選手の高校時代のバッティング《この頃から足でタイミングをとっていた》
  2. NPBで200勝以上した投手のえげつないキャッチボール
  3. レッズの秋山選手が学童野球の指導者やトレーナーの前で話した事とは?
  4. バントの極意!
  5. ある女性がメジャーリーガーたちにバッティング理論を語らせている…
PAGE TOP