フィールディング

外野手だってチャレンジしよう!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

見てください、このプレー!

これ、ムーキー・ベッツ選手だそうです。

はい、ご存知の通り外野を守る選手ですね。

彼の場合は、ただ外野を守ってるだけではなくて外野手として5年連続ゴールドグラブ賞を受賞しているスペシャルな外野手です。

私が言いたいことを分かってくれますよね?

そうです。外野手もこれくらいの動きが出来ればMLBでゴールドグラブ賞を獲ることも可能だということです。

ですから、アクロバティックなプレーというのは何も内野手だけがやっていればいいというわけではなくて、外野手もキャッチャーも、それこそピッチャーだって出来るようになった方がいいということが伝えたいわけです。

こういう話を言い続けて、もう何年にもなりますが、日本でもこういう考え方をする指導者が少しずつですが出てきました。

ですから、あなたも時代に乗り遅れずにどんどんチャレンジするようにしてください。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【アウト?セーフ?】打球が走者に当たった場合
  2. 指導者は野球選手の枠を破壊してやる!【バッティング指導法】
  3. 単なる遊びが実は良い練習だったりする。【野球選手も参考にしてほしい】
  4. そろそろピックオフ(牽制球)も世界基準に!
  5. 【15歳〜16歳】ドミニカの遊撃手たちを見てみる
PAGE TOP