フィールディング

世界一うまい三塁手の意識

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

サードの守備って難しいですよね。

個人的には内野手の中でゴロを捕るのが一番難しいのはサードだと思っています。

古い話ですが、あの名手・アレナド選手も一試合で2つのトンネルをしたことがあるんですよ。

まあ、それくらいサードの守備は難しいということです。

で、2018年、2019年と2年連続でゴールドグラブ賞を受賞し、いまやMLBを代表する三塁手になったマット・チャップマン選手。

そんな彼の守備はYouTubeで探せばたくさん出てくるんですが…

実はインスタグラムを見ていると面白い動画があったので紹介しておきますね。

世界一うまいと言ってもいい三塁手はこんなイメージで打球を待っているんですね。

サードを守る選手には、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 千葉ロッテマリーンズ・井口資仁選手のバッティング理論
  2. 【ベース踏んだ?】見ている人はいますか?ランナーが2人、3人になったらどうします…
  3. 【ソーシャルファシリテーション】社会的促進を利用した上達法とは?
  4. 【磨いた技術をより輝かせるために】グラブを選ぶ時に考えるべきこと
  5. 今、世界一のピッチャーはクレイトン・カーショウ投手!
PAGE TOP