バッティング

【オリックス・吉田正尚選手】彼がバットを振れる理由

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日、連続試合安打記録がストップしたみたいですがオリックスの吉田正尚選手が打ちまくっていますね。

もうNPBのピッチャーにも慣れて、打てないボールを打ちに行っていないのが好調の理由だと思いますが…

まあ、その数字は異常なレベルです。

何が異常って294打席で16個しか三振してないんですね。

まあ、彼のコンタクト能力についてはこのブログで何度も紹介してきたわけですが…

【オリックス・吉田正尚選手のバッティングから考える】バッターに必要なバッティング技術とは?

【オリックス・吉田正尚選手】フルスイングに対する誤解

【身長170cmの選手が首位打者を争う時代】彼らが身につけている能力とは?

どちらかというとフルスイングが話題になる吉田正尚選手ですが、多くの野球選手には彼がなぜ振れるのかを知って欲しいですね。

要するに「当てることができるから振れる」わけです。

今の時代はバットを振れる選手を育成しがちでそればかりに夢中になっている指導者がいるようですが、それをするなら当てる技術も高めてあげないといけないよということです。

もし、あなたの周りに振れない選手がいたらコンタクト能力を疑ってみるというのは一つの手だと思いますよ。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. あのメジャーリーガーが語る「MLB流コーチング」
  2. プロ野球選手とアマチュア選手に見えるキャッチボールでの意識の差
  3. あの選手が160キロのボールを投げれる理由
  4. ビリー・リプケン氏が紹介するアイデア練習
  5. 【世界は広い!】18歳で160キロのスローイングをする選手
PAGE TOP