フィールディング

【キャッチャー理論】右手の位置を使い分けてみては?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

キャッチャーの参考になりそうな動画がありました。

何が参考になりそうってスローイングなんですけど…

こっちはどうでしょう。

はい、ハンドリングの動画です。

まあ、くれぐれも言っておきますけどこの2つの動画のキャッチャーは同じレイズの選手ですが別の選手です。

別の選手なんですが、どう参考になりそうだと思ったのかというと…

スローイングの時はキャッチャーミットの後ろに右手があるのに対して、ブロッキングやハンドリング、いわゆるスローイングが求められない時は右手を脚の後ろに隠しています。

もちろん、今回の2つの動画は別の選手なんですが、スローイングがある時とスローイングがない時で右手の位置を使い分けるというのは面白い考え方なのではないかと思うわけです。今ではキャッチャーミットの向こう側は安全だと言われていますからね。

まあ、もしよかったら参考にしてみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【フライボールレボリューション】あの中村紀洋氏がバッターに伝えていることは…
  2. 故グウィン氏にはイチロー選手のバッティングはおかしく見えていた…
  3. 昨年の日米野球で話題を独り占めにしたあの選手のバッティング理論
  4. あなたを成長させてくれる人は誰ですか?
  5. 【プロの捕手も基本を繰り返す】ブロッキングについて
PAGE TOP