バッティング

見えてない部分を見つけなければいけない難しさ

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

どれだけバッティングの解剖が進んでも、どれだけピッチングの解剖が進んでも、現役選手なら忘れて欲しくないのがイチロー選手のこの言葉ですね。

「見えてない部分を見つけなければいけない難しさ」

野球選手として上り詰めたいんだったらイチロー選手のこの言葉を大切にしてほしいですね。人のスイングを見ているだけでは知りえない世界がありますから。人の感覚を聞いて拒絶反応を示しているようでは限界のその先には到底たどり着かないと思いますね。

要するに、あなたの知らない感覚が野球界にはまだまだたくさんあるということです。ですから、見えてない部分を拒絶しているようではダメなんですね。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ゴールドグラブ賞を10回も受賞した史上最高の二塁手の秘密とは?
  2. ハードヒット率 52.1%を誇る打者のバッティング理論とは?
  3. スラッガー進化論!
  4. 大谷翔平投手の初登板の日に起こったひとつのプレー【フォーメーションは難しい…】
  5. 【日本とアメリカ】スローイングの時によくある違いとは?
PAGE TOP