未分類

今年の甲子園で印象に残ったシーンは…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今年の夏の甲子園は仙台育英の優勝で幕を閉じました。

東北初の優勝おめでとうございます。

我が母校である敦賀気比高校はベスト16に進出。

本当によく頑張ってくれました。

で、今年の甲子園で個人的に印象に残ったシーンは大阪桐蔭vs下関国際の試合ですかね。

9回に大阪桐蔭が逆転打を打たれたシーンです。

このシーンで強肩であるセンターの選手が刺せなかったんですね。

で、よく見てみると大阪桐蔭の内野手は前進守備をしていました。

大阪桐蔭ほどのチームなら「同点まではOK」でよかったんじゃないかとは思いましたが、相手投手が投げている力強いボールなんかを見て逃げ切りたいと思ったのかな、と。

まあ、こればっかりは当事者でないとわからないことですけど…

ということで今年も夏が終わりましたね。

お疲れ様でした。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 世界一の右腕が行うトレーニング
  2. 自分にとってベストのリード幅を作ろう!
  3. あのスーパースターがバッターボックスに入るたびに確認していた言葉とは?
  4. きっと人間性が超一流だったから野球選手としても超一流になれたのではないでしょうか…
  5. 『そうする』のではなくて『そうなる』もの
PAGE TOP