バッティング

【MLBドラフト会議】全体1位の選手のプレーを見てみる

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

2022年のMLB新人選択会議(ドラフト会議)で高校生遊撃手のジャクソン・ホリデー選手が全体一位で指名されました。

彼の父であるマット・ホリデー氏はMLBで15年間プレーし、オールスターゲームに7度も選出された選手です。

そんな父を持つ選手がMLBのドラフト会議の全体一位で指名されたんですね。凄いことです。

ということで、今日はそのジャクソン・ホリデー選手のプレーをご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 球界最高のバッティング技術を持った選手の考え方
  2. 長嶋茂雄氏×王貞治氏
  3. 【1点差で一死一、三塁】そこでショートゴロが飛んだんですが…
  4. バッティングの調子が悪くなってしまったら…
  5. 自分が望むような成績が出せていないのであれば…
PAGE TOP