バッティング

変えるのはバットではなくて自分

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

鈴木誠也選手が若い頃にプロの壁にぶつかる姿が学べますね。

「その時はそのバットを使って良かったとしても、また次の日には体の状態も変わってきますし、バットとかではなくて自分の体に合わせて常にずっと同じバットを使ってやっていかなければいけないなという風に思いました。」

良い言葉です。

プロで安定した成績を残すためには大切なことは「変えるのはバットではなくて自分」だったんですね。

ぜひ、ご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 小学生の頃に野球を教えてくれたPL学園の野球。
  2. 保護中: 守備を上達させるために、まず身につけておくべき事とは?(パスワードは今…
  3. 【伝説の三塁手の話を聞いて気づいた】あなたはどんなセルフイメージで野球をしていま…
  4. イチロー選手が語る『肉体のこと』と『バッティングのこと』。
  5. これからの野球界はバットを強く振れない選手は使ってもらえない。
PAGE TOP