フィールディング

エラーの数は一番多いのに最も守備で貢献しているって???

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

NPBが開幕して1ヶ月が経過したんですかね。

その1ヶ月の野手の数字を見てみると面白いことが分かりました。

遊撃手の成績なんですが、ここまでジャイアンツの坂本勇人選手はエラーが5。
※2022年度 セントラル・リーグ 個人守備成績(規定以上)|一般社団法人日本野球機構

坂本勇人選手にしては多いですし、守備率で見るとセ・リーグでは最下位です。

ところが、4月13日時点のUZRを見てみると…

坂本勇人選手は源田選手に次いで2番目の好成績なんですね。

要するにエラーはしてるけど、他の遊撃手よりも優れた守備を魅せているということです。

実際に補殺数は4月26日時点で見るとセ・リーグでトップですもんね。
※2022年度 セントラル・リーグ 個人守備成績(規定以上)|一般社団法人日本野球機構

まあ、要するに「エラーなんて恐るな」ということです。

常にアウトにしようとする姿勢を失うことなく、積極的にボールに関わってください。

間違っても私の現役時代のように「自分のエラーになるくらいならヒットにしておこう」なんていう気持ちでプレーをしないように。

私は本当に手を引っ込めたことありますからね^^;

「この打球は捕れるかもしれない。けど、グラブに当ててしまうと弾く可能性もある。なら、ヒットにしとこう。」

こんな気持ちでプレーしている選手が一人でも減ることを願っています。

今はエラーが多くても評価される時代です。

勇気を持って、自分を信じて、プレーしてください。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 《バッティング》あることを変えたら絶好調!
  2. 現在、アメリカンリーグで打率トップの選手のバッティング練習を見てみる
  3. 睡眠時間が増えて球速アップ???
  4. 世界最高のプレイヤーが影響を受けたのは…
  5. 良いバッターはやっぱりバッティング練習から違う…
PAGE TOP