バッティング

ホームランの打ち方は2つある。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

イチロー選手はホームランの打ち方は2つあると言います。

1つ目は…

打席に入る前から「この打席は行こう!」という気持ちで打ちに行く。

2つ目は…

ピッチャーがボールを離してから「これは行ける!」という判断を下してボールを上げに行く。

この2つだそうです。

2つ目の話を聞く限りでは、わずかコンマ何秒の間に打球を「上げれる」「上げれない」と判断して打ち分けているんですね。

まあ実際、イチロー選手以外でもこういう事ができるバッターはたくさんいます。

ですから、

高いレベルで活躍するバッターっていうのはそういう技術も持っているんだということを知っておいてください。

そして、

技術レベルを上げるためにそういう事にも挑戦して欲しいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。


打率を上げたければ、これを見よ!¥3,480

アマゾン以外での購入をご希望の方はコチラからどうぞ。
↓↓↓
衝撃の事実!実は、キミの脳はストライクゾーンを知らない。
打率を上げたければ、これを見よ!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【内野守備】ソフトバンクホークスの秋季キャンプから学ぶ
  2. 正解だと思ってたことはすぐに覆る!
  3. 強いチームには良い空気が流れている。
  4. 【球団に対する冒とく行為で戦力外】あなたも気をつけてください。
  5. ピッチングフォームを分析する『エクステンション』とは?

関連記事

  1. バッティング

    【落合博満×吉田正尚】バッティングに対する思考の違いとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。いや〜、面白かっ…

  2. バッティング

    ある女性がメジャーリーガーたちにバッティング理論を語らせている…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。なんという女性な…

  3. バッティング

    中学時代は6番バッター?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。面白いコラムがあ…

  4. バッティング

    【4割に最も近い男から学ぶ】進化の理由(バッティング理論)

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、GET S…

  5. バッティング

    野球選手が素振りの時に注意すること

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、大谷選手の…

  6. バッティング

    【3年前のあの選手】あの時点では活躍するのは難しいと感じた理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はちょっと昔…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【3つのピボット】練習してますか?
  2. フィジカル

    すごいすごいと思っていたメジャーリーガー。でも実は…
  3. マインド

    野球の神様はあなたに罰を与えません。
  4. ピッチング

    100回大会に現れた素晴らしいピッチャー
  5. バッティング

    ホームランを打つためには…
PAGE TOP