フィジカル

少年野球は少年サッカーから体づくりを学ぶべきである。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

僕自身は常に少年サッカーを見学に行きます。

というのも、

トレーニングが素晴らしいんです。

まあ、

ああいうスポーツですからね。

野球以上に体を自由に扱えないといけないんでしょう。

野球はある程度動きが決まってますけど、サッカーは違います。

体を自由に扱えないとどうにもならないんでしょうね。

だから、

そのトレーニングの中には参考になる事がいっぱいです。

こんな事を言うと、

「野球は別に・・・」

って、言われるんですがね。

でも、

僕自身は大切だと思っています。

小学生の低学年までに良いトレーニングをしておくことこそが、将来成長するための土台になる。

本気でそう思ってます。

例えば・・・

小学生の低学年でキャッチボールが上手い。

こういう子、いますよね。

でも、

僕自身はいつも言うんです。

「低学年はキャッチボールなんて下手でいいですよ。」

って。

もちろん体の使い方は教えますけど・・・

実は・・・、

僕が教える低学年の子はキャッチボールのボールが捕れません^^

フライも捕れません^^

でも、

全然いいんです!

大きくなってキャッチボールのボールを捕れない選手って・・・

います?

いませんよ。

大きくなれば野球をした事ない女の子だって捕れます。

それなのに捕れないと怒る。

ナンセンスなんですよね。

僕の中では。

だって、絶対に捕れるようになるんですから^^

「なんで捕れへんねん!」

なんて怒る前に・・・

反射神経を高めたりね。

そういう事にフォーカスする。

反射『神経』ですから。

神経系になるんじゃないですか?

神経系の成長期は9歳~12歳。

スキャモンに言わせるとですが・・・

そうやって、低学年のうちにこういう土台をしっかり作る。

野球???

まだまだ下手で結構です。

ただ、

土台さえあればいい。

最終的にどうなるかですからね。

低学年で魅力がある子は・・・

「ボール捕るの上手いな。」

っていう子ではなくて・・・

「近くから思い切り投げたボールに反応する。」

とかね。

あっ、

柔らかいボールでやって下さいよ^^

あと・・・

「難しい動きが出来る。」

とかね。

そういう子だと思うわけです。

そういう子が、中学生、高校生になった時に一気に伸びるんですよ。

周りにもいませんでしたか?

「あいつ、小学生の時は上手かったのにな・・・」

っていう子。

こういう子は、残念ながら土台がなかったんですね。

イコール、

伸びシロがなかったという事です。

あっ、

最後に、

少年サッカークラブのトレーニングを紹介します。

低学年でここまで出来るのは素晴らしいですね。

ぜひ、参考にして下さい。

それから、こちらもどうぞ。
 

子供がやるべきトレーニングとは?【天才を育てるベースボールDVD】¥3,480

アマゾン以外での購入をご希望の方はコチラからどうぞ。
↓↓↓
内海哲也選手の専属トレーナーが語る
“保田流”子供がやるべきトレーニングとは?

member   35  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 補殺数の世界記録を持つオジー・スミス選手。彼がどんな体を持つ選手だったか知ってい…
  2. 指導者は野球選手の枠を破壊してやる!【バッティング指導法】
  3. 【12球団ナンバー1】すごいキャッチャーが出てきた!
  4. 中学時代は6番バッター?
  5. 野球選手がよくやるロングティー。打ち方は何種類?

関連記事

  1. ピッチング

    投げる事と真剣に向き合ってきたアスリートが日本人に伝えている事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。突然ですがあなた…

  2. フィジカル

    野球少年がやるべきトレーニングとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は遅めのクリ…

  3. フィジカル

    野球選手として自分の体をコントロールするために…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。このブログでもず…

  4. フィジカル

    アメフトのトレーニングから学ぶ《スピードアップのためのトレーニング動画》

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は良いトレー…

  5. フィジカル

    単なる遊びが実は良い練習だったりする。【野球選手も参考にしてほしい】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。個人的にはこの練…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【海外のドリルから学ぶ】内野手の反応をよくするには…
  2. ピッチング

    ピッチャーはこういう評価もされるべきである。
  3. ピッチング

    【江川卓、バーランダー、チャップマン】この3人に共通している事とは?
  4. ベースランニング

    【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる
  5. バッティング

    【まさに芸術】アーロン・ジャッジ選手のバックスクリーン返し
PAGE TOP