マインド

野球選手として成功する体質がある。

こんばんは。
ベースボールバイブルの東です。

え~っと…

昔、テレビを見ていたんです。

確か…

ジャンクSPORTSだったかな?

トップアスリートが集まって語り合うという番組でした。

そこで、あるスポーツ選手がこんなことを言い出したんです。

「アスリートは『M』じゃないといけないんですよ。」

って。

『M』って何て言ったらいいんですかね?

いたぶられたり、いじめられたりすることに喜び(?)を覚える人。

って、ありますけど。

こんな感じかな。

逆に『S』は、

いたぶったり、いじめたりすることに喜びを覚える人。

と。

で、あるアスリートが言ったわけです。

「アスリートは『M』じゃないといけないんですよ。」

って。

要するにそのアスリートは、

自分の体をいじめられる人間でないと成功しないと言いたかったわけです。

それを聞いて、僕は納得してました。

「ほうほう。なるほど。確かにな。」

って。

ところが、

一緒に番組に出ていたプロ野球選手が怒り気味に異論を唱えたんです。

「いや、そんな事はないですよ!だって、僕は完全に『S』ですもん!」

って。

なんちゅうケンカや^^;

でも面白くなってきました。

だって、

『S』でも成功できると言っているわけですからね。

ところが、

ここで、ある陸上選手が全員を納得させる話を始めたんです。

この選手の話が頭から離れないんですよね。

頭が良い選手やな。

と。

こういう頭脳を持っているから小さくても世界で闘えたんやな。

と。

自分はなんと浅はかな人間なんだ。

と。

感心しました。

あっ、気になりますよね。

なんて言ったのか。

もったいぶって、すみません。

え~っと…

その選手が言うんです。

「アスリートとして成功しようと思ったら『S』と『M』を持ち合わせた人間にならないといけないんですよ。」

って。

要は、こういう事です。

『S』の自分が厳しい指令を出し、『M』の自分がそれを受ける。

指令が甘くてはいけない。

だから、

『S』の要素はもちろん必要。

けど、

『S』だけではそれを受けれない。

だから、そこには『M』の自分も必要。

成功するアスリートっていうのはこの『S』と『M』のバランスが高い次元でとれている。

と。

この話が終わると、その場の異様な雰囲気が収まりました。

そして、

テレビの前の僕も納得していました^^

という話がしたかったんです。

という事で…

『S』と『M』が高い次元でバランスのとれた選手。

『ドS』と『ドM』が混合した選手。

なんか変な話ですけど…

こういう選手になって欲しいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

sense1
shun
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 野球選手として成長するための時間の使い方とは?
  2. 世界最高の右腕が教えるボールの握り方と投げ方
  3. 25年ぶりに130試合以上に出場して捕逸がわずか『2』だったキャッチャーとは?
  4. 長い長い甲子園の歴史で最も飛んだと言われているホームラン
  5. オリックス・安達了一選手が教える守備の奥義とは?

関連記事

  1. マインド

    やる気に関する話です。【野球選手なら聞いてください】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。やる気に関するお…

  2. マインド

    野球選手としての葛藤を抱えた時、あなたならどうしますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はソフトバン…

  3. マインド

    【ドミニカ共和国の野球事情】彼らは野球が好きなわけではない?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。チラッとインスタ…

  4. マインド

    野球選手として成長するための時間の使い方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。野球選手として練…

  5. マインド

    野球選手として成長するための姿勢とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今、日本人アスリ…

  6. マインド

    【漫画・タッチから学ぶ】覚醒のキッカケとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。京都に住んでいる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    日米の首位打者に共通しているバッティング技術とは?
  2. フィジカル

    運動神経を高めるトレーニング
  3. バッティング

    野球選手はバッティングの時の打球音を聞いてみよう!
  4. フィールディング

    内野手はゴロを捕ったら胃に持って来い?【野球選手のための守備講座】
  5. コーチング

    野球選手の育て方には解放という方法もある。
PAGE TOP