マインド

野球選手として成功する体質がある。

こんばんは。
ベースボールバイブルの東です。

え~っと…

昔、テレビを見ていたんです。

確か…

ジャンクSPORTSだったかな?

トップアスリートが集まって語り合うという番組でした。

そこで、あるスポーツ選手がこんなことを言い出したんです。

「アスリートは『M』じゃないといけないんですよ。」

って。

『M』って何て言ったらいいんですかね?

いたぶられたり、いじめられたりすることに喜び(?)を覚える人。

って、ありますけど。

こんな感じかな。

逆に『S』は、

いたぶったり、いじめたりすることに喜びを覚える人。

と。

で、あるアスリートが言ったわけです。

「アスリートは『M』じゃないといけないんですよ。」

って。

要するにそのアスリートは、

自分の体をいじめられる人間でないと成功しないと言いたかったわけです。

それを聞いて、僕は納得してました。

「ほうほう。なるほど。確かにな。」

って。

ところが、

一緒に番組に出ていたプロ野球選手が怒り気味に異論を唱えたんです。

「いや、そんな事はないですよ!だって、僕は完全に『S』ですもん!」

って。

なんちゅうケンカや^^;

でも面白くなってきました。

だって、

『S』でも成功できると言っているわけですからね。

ところが、

ここで、ある陸上選手が全員を納得させる話を始めたんです。

この選手の話が頭から離れないんですよね。

頭が良い選手やな。

と。

こういう頭脳を持っているから小さくても世界で闘えたんやな。

と。

自分はなんと浅はかな人間なんだ。

と。

感心しました。

あっ、気になりますよね。

なんて言ったのか。

もったいぶって、すみません。

え~っと…

その選手が言うんです。

「アスリートとして成功しようと思ったら『S』と『M』を持ち合わせた人間にならないといけないんですよ。」

って。

要は、こういう事です。

『S』の自分が厳しい指令を出し、『M』の自分がそれを受ける。

指令が甘くてはいけない。

だから、

『S』の要素はもちろん必要。

けど、

『S』だけではそれを受けれない。

だから、そこには『M』の自分も必要。

成功するアスリートっていうのはこの『S』と『M』のバランスが高い次元でとれている。

と。

この話が終わると、その場の異様な雰囲気が収まりました。

そして、

テレビの前の僕も納得していました^^

という話がしたかったんです。

という事で…

『S』と『M』が高い次元でバランスのとれた選手。

『ドS』と『ドM』が混合した選手。

なんか変な話ですけど…

こういう選手になって欲しいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

sense1
shun
member   35  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?
  2. 【世界一の捕手であるヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】キャッチャーに必要なフレー…
  3. 【谷繁元信氏が語る】捕手の神髄とは?
  4. バックアップがチームを救う
  5. MLBのスプリングトレーニングから学ぶ《外野手の練習方法とは?》

関連記事

  1. マインド

    【田口壮氏が語る】自身の高校時代

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。自分の高校時代を…

  2. マインド

    ジャイアンツ・小林選手の歩みを野球上達のヒントにする!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ワールドベースボ…

  3. マインド

    スカウトたちは野球とは関係ないところも見ている。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。野球選手なら聞い…

  4. バッティング

    【ノーアウト2塁】あなたならどんなバッティングをしますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。面白い記事があっ…

  5. コーチング

    今、野球人に読んで欲しい一冊。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。実は昨年の1月ぐ…

  6. マインド

    【大阪桐蔭のキャプテンから学ぶ】この時代に求められている野球選手とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、テレビで大…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    【現在ナショナル・リーグ打率3位】ジャスティン・ターナー選手のバッティング理論
  2. フィールディング

    内野手はゴロを捕ったら胃に持って来い?【野球選手のための守備講座】
  3. コーチング

    野球選手としての本能を大切にしていたんだろうなと感じる動画。
  4. バッティング

    18歳の野球選手が魅せた素晴らしいバッティング
  5. コーチング

    野球の指導者として一番大事なものは…
PAGE TOP