バッティング

これからの野球界はバットを強く振れない選手は使ってもらえない。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日は母校が登場するという事もあって甲子園まで行ってきました。

見ていて感じたんですが…

例えば、

ウチの母校の野球もそうだと思うんですが、細かい事を言えば言いたい事って出てきますよね^^;

でも、

今の時代。

そして、

これからの時代。

まあ、

これは僕の個人的な感覚ですがハッキリと言ってしまえば…

振れない選手は使えない。

これを言ってしまったら終わりかな?

とも思うんですけど恐れずに言ってしまうと…

もう高校野球は細かい野球では勝てない。

今の高校野球は、

勝てるピッチャーが一枚はいて、振れる打線を持っている。

こんなチームが勝ち続けてます。

まあ、

細かい事が大事じゃないとか、そういう話ではなくて…

僕がただ単純に伝えたい事は、

強さから逃げるな!

と。

自分は小さいから…

と、

強さから逃げる選手がいます。

まあ、それはそれで分からんでもありません。

何を隠そう、

僕自身も逃げた選手です^^;

けど、

もう、これからの時代は逃げられない。

そんな気がします。

強くなかったら生きて行けない。

そんな時代に突入したなと。

それほど、どこの学校もレギュラークラスは振れてますね。

これは最近の高校野球を見ていてつくづく感じます。

最近、本当によく聞きますよ。

「もうバット振れな使ってもらえませんよ」

って。

ですから僕からの一言は、

スケールのデカイ選手になれ!

と。

こんな話をしていると、

僕は体が小さいから…

力がないから…

パワーがないから…

なんて言ってしまう選手がいますけど…

そんな選手はこの事実を知ってるんですかね?

高校通算0本塁打の選手がプロで567本塁打を打ったっていう事実です。

しかも…

身長は170センチ。

しかもしかも…

この選手は高校を卒業してから気付いた。

それでも遅くなかった。

という事は、

ナンボでも可能性があるということです。

さあ手に入れて下さい。

圧倒的なスイングを!

では、また。
 


【DVD】強い打球を打ちたければ、これを見よ!¥3,480
 
アマゾン以外での購入をご希望の方はコチラからどうぞ。
↓↓↓
たった10回の素振りでスイングの音が変わった・・・
強い打球を打ちたければ、これを見よ!¥3,480
 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 外野手がよく言われる「先に下がれ!」とは?
  2. 【2018シーズン無失策だった選手から学ぶ】現代の野球選手に求められている事とは…
  3. ワンランク上の選手になるための『キャッチボール論』
  4. バッターにとってゴロはお金にならない
  5. 第28回WBSC・U-18ベースボールワールドカップはアメリカの優勝で幕を閉じま…

関連記事

  1. バッティング

    世界最高のインサイドアウトはどうやって身についたのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ベースボールバイ…

  2. バッティング

    長嶋茂雄氏×王貞治氏

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。【長嶋茂雄氏×王…

  3. バッティング

    【1994年に私が受けた衝撃】これまでの常識が壊された…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。懐かしい映像です…

  4. バッティング

    よく打つバッターは自分の◯◯◯◯を知っている

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。Sportiva…

  5. バッティング

    マグワイアを超える新人シーズン本塁打記録!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ついにアーロン・…

  6. バッティング

    【バッティング】あなたの打ちやすいタイミングのとり方は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。さあ、今日は語り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    選手を混乱させる指導は避ける。
  2. コーチング

    イングランドのサッカー協会が選手育成のために作った新しいルールとは?
  3. バッティング

    神様のバッティング理論
  4. フィジカル

    ジョコビッチの生まれ変わる食事
  5. コーチング

    数々の名選手を育てた名指導者の考え方とは?
PAGE TOP