コーチング

史上最強と言われた中学野球チームの戦術とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

僕が所属してた中学生チームは京都田辺というチームでした。

まあ、

どなたに聞いても強かったと言われるほど伝説のチームです。

もちろん選手の質は高かった。

でも、それは僕ら以降の話。

僕の世代の選手のレベルはそれほど高くなかったんです。

現実に高校でレギュラーになったのは僕を含めて3人だったと思います。

ですから選手のレベルは高くなかった。

けど、全国大会では準優勝。

一体、どんな秘密があったのか?

特別に衝撃の事実をお教えしましょう。

衝撃の戦術です。

まず、サイン。

今、中学生でも難しいサインがあるそうですが・・・

僕たち京都田辺のサインはなんと3種類^^

バンド、盗塁、エンドランのみ!

サインを知りたいですか???

どんなサインだったか?

衝撃ですよ^^;

バントは両手で『ハ』の文字を作ります。

盗塁は指で『ト』って書きます。

ヒットエンドランは指で『ヒ』って書きます。

これだけ^^;

また、

『ト』と『ヒ』が分かりにくい^^

あっ、

まだありました。

セフティーバンドは両手を叩いてから『ハ』の文字。

衝撃でしょ?

最強と言われたチームですよ^^

ところが中身はこんなサイン。

ただ、

これには理由があったそうです。

難しい事をしようとすると選手が混乱するだけ。

ですって。

野球って奥が深いですよね。

答えがないわけですから。

もしかすると、

奥なんてないのかもしれません。

でも、

奥が深いと思っているから掘ろう掘ろうとしてしまいます。

けど、

よく考えてみると野球はシンプルなんだというわけです。

難しく考えたらいいけど、難しく考えて上手くいくものでもない。

と。

ストライクが投げれて、

アウトに出来て、

ヒットが打てて、

判断良く走れる。

まずはそれが出来んと話にならん。

だから、サインなんて簡単で良いって。

まあ、

おかげで野球はやりやすかった。

自分の発想で野球をやってた。

そんな感じでしたね。

まあ、

いろんな考え方があるでしょうが、こういう考え方もあるようです。

ひとつ言える事は、

史上最強と言われるチームでも中身はこんなものだという事です。

まあ、参考まで。
 


【DVD】20年で9人のプロ野球選手を育てたチームの秘密のウォーミングアップとは?¥2,480

アマゾン以外での購入をご希望の方はコチラからどうぞ。
↓↓↓
20年で9人のプロ野球選手を育てたチームの秘密のウォーミングアップとは?
 

member   35  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ホームランを打つための4つの条件とは?
  2. あのデレク・ジーター氏が唯一後悔している事とは?
  3. あなただけのフラットスイングを見つけてください。
  4. 【バッターボックスに立ったとき】ピッチャーのどこを見ていますか?
  5. バッターにとってゴロはお金にならない

関連記事

  1. コーチング

    ドミニカ共和国の選手たちが行っている練習メニュー

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ドミニカ共和国の…

  2. コーチング

    野球選手を育てようとしてるのに、なぜボールを扱わせないんですか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。以前、この動画を…

  3. コーチング

    【問題です】この野球少年たちはのちにどんな野球選手になったでしょうか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は問題を用意…

  4. コーチング

    なぜ、あのチームからプロ野球選手が育つのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。近畿地方に住んで…

  5. コーチング

    ルディ・デュランコーチに学ぶ【アスリートの育て方】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。野球選手にとって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    数々の名選手を育てた名指導者の考え方とは?
  2. バッティング

    ターゲットプラクティス!
  3. バッティング

    【バッティング】あなたの打ちやすいタイミングのとり方は?
  4. バッティング

    長嶋茂雄氏×王貞治氏
  5. ピッチング

    掴んだ感覚を失わないために…
PAGE TOP