バッティング

【ノーアウト2塁】あなたならどんなバッティングをしますか?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

面白い記事があったので紹介したいのですが…

まずは質問させてください。

ノーアウト2塁。

あなたならどんなバッティングをするでしょうか?

どんなことを意識してバッターボックスに立つでしょうか?

えっ!?

場面や状況によって変わるに決まってるやろ!

って?

「…」

そりゃそうですよね。

すみません。

でも、こんな記事があったんですよ。
↓↓↓
青木 坂本、秋山、山田と1月決起集会 3度目WBCで「日本を一番に」(スポニチアネックス)

――メジャーで5年間プレーしている。日本との野球の違いは。

「例えば無死二塁。メジャーでも進塁打はもちろんいいことだけど、基本的にはランナーを還せという。なんなら二塁打を打って、自分も二塁へ行くという超積極的な考え方。日本では最低限、1死三塁の状況をつくることを考える。そこから内野ゴロでも犠牲フライでもいいから1点という自己犠牲精神のある野球」

――日本の野球の強みはそこにある。

「団結するっていうのはそういうところ。無駄なものをそぎ落として、最低限のことをやって1点を取りにいく野球」

ノーアウト2塁で打席に回ってきたらランナーを還すつもりで打席に入れ!

あわよくば二塁打を打って、もう一度ノーアウト2塁をつくれ!

って。

こんな意識でバッターボックスに立ったことがある日本人選手ってどれくらいいますかね?

まあ、もちろん場面や状況によっては自分を犠牲にしなければいけない時もあるとは思いますけど…

こういう超積極的精神も必要なんじゃないかなとも思うこともあります。

なんて思いながら記事を読んでたら…

次はこんな記事が出てきました。
↓↓↓
楽天・今江「自分が怖い」驚異打率・727 梨田監督助言効いた(スポニチアネックス)

近年はコンパクトに振る意識を持っていたが、今季からは大きく、強くスイングする意識に変えた。梨田監督からは「逆方向へ打つのではなく引っ張る意識を持つように」という助言をもらい、8安打のうち4本が長打。帰り際にソフトバンク関係者からは「スイングが変わった。(本塁打)25本打てる」と声を掛けられた。

まあ、バッティングって難しいのでこうすれば打てるようになるよという話ではないんですが…

こんな話を頭に入れておくのは悪くないんじゃないかなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

strong
average
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【フライボール革命】忘れてはいけないことは…
  2. ジャイアンツの選手たちが教えてくれた『野球が上手くなるためにするべき事とは?』
  3. あの世界トップレベルの日本人選手の凄さは体力測定には出ない
  4. 保護中: フェデラー選手の凄さとは?【パスワードは2月6日のBBB通信で】
  5. 数々の名選手を育てた名指導者の考え方とは?

関連記事

  1. バッティング

    引きつけて打つから前で捌くへ!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ワールドシリーズ…

  2. バッティング

    【このスイングはどうですか?】ある野球少年のスイング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はある野球少…

  3. マインド

    競技生活を長くできた理由とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。実はこの本が大好…

  4. バッティング

    MLBで600本のホームランを打ったプホルス選手の歴史と哲学

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、アルバート…

  5. バッティング

    【伝説のバッター】ハンク・アーロン氏のバッティング理論とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。私たちは異次元の…

  6. バッティング

    18歳の野球選手が魅せた素晴らしいバッティング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本でも少し話題…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    イングランドのサッカー協会が選手育成のために作った新しいルールとは?
  2. フィールディング

    【川崎宗則選手に学ぶ】変化球のススメ
  3. フィールディング

    保護中: 【ワンランク上の野球選手になるためのキャッチボール論】をお買い上げいた…
  4. フィールディング

    【キャッチャーの送球】プロとアマの違いとは?
  5. バッティング

    【まさに芸術】アーロン・ジャッジ選手のバックスクリーン返し
PAGE TOP