バッティング

【敦賀気比高校出身の吉田正尚選手と西川龍馬選手】打者としてのタイプが違う2人なのに共通している事とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今年の2月28日にオリックスの吉田正尚選手についてこんなことを書いたんです。

実は彼が持っている素晴らしい技術というのがボールコンタクト能力です。

そもそも、あなたは彼が滅多に空振りをしないバッターだということをご存知でしょうか?

この話を聞いて意外に思われた方もいらっしゃるかもしれませんが彼が空振りをする確率というのはわずか6%だと言われています。同じようなフルスイングで話題になるソフトバンクの柳田選手の空振り率が10%を超えているという事から考えると、この6%という数字がどれだけスゴい数字かわかってもらえると思います。しかも、彼の場合、空振りをするのは浅いカウントの時だけです。要するにツーストライクになると彼はスイングを変える傾向があるんですね。その証拠に彼の三振数を見てください。

2016年が258打席で34三振、2017年は268打席で32三振。ですから、彼の三振率は2016年が.132で、2017年はわずか.119ということになります。

これがどれくらいスゴい数なのかというのをわかってもらうために昨シーズン、パ・リーグで首位打者を獲った秋山選手(西武)の三振率と比べてみましょう。秋山選手の昨シーズンの打席数は659打席。そのうちに三振をしたのが『97』。ですから、その三振率は.147ということになります。では、打率2位の柳田選手(ソフトバンク)はどうなのかというと551打席で123三振ですから、その三振率は.223。打率3位の茂木選手(楽天)は450打席で84三振ですから、その三振率は.187ということになります。

ちなみにセ・リーグを見てみると首位打者の宮崎選手(横浜)は523打席で47三振ですから、その三振率は.090。これは異常ですが2位のマギー選手(巨人)は586打席で107三振なので三振率は.183。3位の大島選手(中日)が521打席で66三振なので三振率は.127ということになります。

まとめると…

秋山選手(西武) .147
柳田選手(ソフトバンク) .223
茂木選手(楽天) .187
宮崎選手(横浜) .090
マギー選手(巨人) .183
大島選手(中日) .127

吉田選手(オリックス) .119

このように両リーグの上位3傑と比べてみても吉田正尚というバッターのコンタクト能力がいかに優れているかがわかると思います。ですから、僕は彼が大学一年生の時から『彼は青木選手のようなバッターになれる!』と言い続けているわけですね。彼のコンタクト率から考えるとホームランバッターというイメージではないということです。ただ、彼が本気でホームラン王を目指すのであればそれはそれで可能です。ただ、その場合は彼の中に『三振をする勇気』、要するにコンタクト率を落とす勇気が必要です。それがあれば彼はホームラン王を間違いなく獲るでしょう。でも、僕が彼と話してきた印象では、彼はコンタクトヒッターとして生きていこうとしているように感じています。これは勝手な僕のイメージですが、彼は3割20本を続けていくバッターとして生きていこうとしているのかなという印象です。

【オリックス・吉田正尚選手のバッティングから考える】バッターに必要なバッティング技術とは?|ベースボールバイブル・オフィシャルブログ

この時に私は『彼は3割20本を続けていくバッターとして生きていこうとしているのかなという印象です』と書いたわけですが、2018年の今日現在の成績を見てみると『打率が.308で本塁打が22本』ですから、まあ現時点では私が思っていた通りの成績になっているわけですが、今年は初めて1年間出続けたので、その結果、彼が来シーズンをどんな思考で臨むのかは注目したいですね。

え〜っと、それから…

吉田選手と同じ敦賀気比高校出身の広島東洋カープ・西川龍馬選手。彼については彼が入団した年(2016年)のキャンプの時点でこう書いていました。

そんな西川選手の2018年の今日現在の成績を見てみると規定打席にはわずかに届かないんですが『打率.330で出塁率が.379』という数字を残しています。まあ、彼が入団した時に私は天才がここにいると叫んでいたわけですが、今では私が叫ばなくても世の中が彼を天才と呼んでいますね^^

まあ、そんな可愛い敦賀気比高校出身の後輩2人なんですが彼らが同じような思考でスイングをしているのをご存知でしょうか?

それについては過去に吉田正尚選手が高校野球ドットコムさんのインタビューの中で話しているので、その話を聞いてください。

吉田:1つ目はピッチャーの投球ラインに沿ってバットを入れていく後ろの大きいイメージのスイング。これが自分のベースとなるスイングです。2つ目はトップからインパクトまでの距離を最短でとることを意識した、上から叩く大根切りのイメージのスイング。前でさばく必要のある高めのボールを処理する確率を上げたいときに使うスイングです。3つめは投球ラインよりも少し下からバットを入れていくスイング。ミートの確率が多少下がることを承知で、ホームランを打つ確率を上げたい時などに使います。

第448回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)「3パターンのスイングを使い分けることで幅広い打撃ができる」【後編】|高校野球ドットコム

この吉田正尚選手の話を聞いたあとに西川龍馬選手の打席に入る前のスイングを見てください。

最近の彼の打席に入る前のルーティンはこのように高めを2回振って真ん中を1回というルーティンなんですがネクストバッターズサークルでは低めのスイングもするので彼も吉田選手と同じように3種類のスイングを使い分けていることがわかると思います。もし、あなたが彼のバッティングをよく見ているのなら意外に思ったかもしれませんね。だって高めのスイングなんかは完全にかぶせる意識で振ってるんですから。

でも、彼って完璧にボールの軌道にバットを入れていくタイプのバッターなので打席の中で高めのボールをかぶせるスイングなんかを見せることはないんですよね。でも、ここが目に見えるものだけを信用してはいけないところなわけです。目には見えないけども感覚としてはそう振ってるって、これよくあることなんで…

それから、これはあくまでも個人的な意見ですが見えてるものだけを信用している野球選手で「良い選手やな〜」って思わせてくれる野球選手って見たことないんで…^^;

野球選手ならその奥の奥まで見ようとしてほしいなと思います。今、世の中には結構浅い野球選手が増えている傾向がありますから注意してくださいね。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【海外の練習から学ぶ】動ける外野手になるための練習とは?
  2. 強いチームには良い空気が流れている。
  3. 【ビリー・リプケン氏から学ぶ】良いタッグと悪いタッグの違いとは?
  4. ジョコビッチの生まれ変わる食事
  5. 世界のホームラン王のバッティング理論

関連記事

  1. バッティング

    日米の首位打者に共通しているバッティング技術とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ちょっと面白い動…

  2. バッティング

    惜しくもMVPを逃したバッターから学ぶ【時代に流されない強さ】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、MLBの今…

  3. バッティング

    メカニズムとセンスのバランスはとれていますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。いつも思うことで…

  4. バッティング

    世界最高のインサイドアウトはどうやって身についたのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ベースボールバイ…

  5. バッティング

    ロビンソン・カノ選手が実践しているカノ・ドリルとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日はロビンソン…

  6. バッティング

    【バッティング】掛布氏が伝えたステップの仕方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。掛布コーチが高山…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. マインド

    やる気を出させるよりも…
  2. ピッチング

    プロ野球で176勝をしたピッチャーのコマンド能力
  3. ピッチング

    骨盤が後傾してしまうクセが改善できる?
  4. フィジカル

    補殺数の世界記録を持つオジー・スミス選手。彼がどんな体を持つ選手だったか知ってい…
  5. フィールディング

    守備練習の時だけでもこのマインドでプレーしてみてほしい…
PAGE TOP