フィールディング

無死一、二塁の場面で誰も考えつかないプレーをした三塁手。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

無死一、二塁の場面で送りバント。この時、一番難しいのはサードの守備ですね。ピッチャーが処理できる場合は三塁ベースカバーですが、処理できない場合はサードの選手がその打球を処理しに行かなければなりません。これは本当に難しい判断なんですが、MLBでも屈指の三塁手であるノーラン・アレナド選手はそのシーンで誰も考えられないプレーを見せてくれました。今日はぜひ、その誰も考えられないプレーとそのプレーについての解説をご覧ください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. あの新人王はアメリカンフットボールでもバスケットボールでも…
  2. 彼らがバットを振れる理由
  3. 【ソフトバンクホークスの甲斐捕手から学ぶ】スローイングの極意とは?
  4. 【育成選手としてどう戦う?】黒田響生選手へ
  5. これからのキャッチャーに求められている技術とは?

関連記事

  1. フィールディング

    大谷翔平投手の初登板の日に起こったひとつのプレー【フォーメーションは難しい…】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は朝からエン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    世界で勝てなかったチームを世界で勝たせたのは選手の個性だった
  2. コーチング

    野球選手としての成長は努力と比例しない。
  3. バッティング

    神様のバッティング理論
  4. バッティング

    【花咲徳栄の優勝で幕を閉じました】花咲徳栄の強打を作ったのは…
  5. コーチング

    ベースボールバイブルがマネジメントを始めました。
PAGE TOP