フィジカル

人が能力を発揮する時というのは…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

面白い検証結果がありましたので紹介させていただきますね。どうやら人は見られり、応援されることで強くなるらしいんですよ。

この検証結果によると…

▽応援されることで選手の運動量が約20%アップ! 日本で初めて、観戦により選手の身体機能が向上することが証明される
測定数値としても、観戦による選手のパフォーマンスの向上が証明されました。走行距離は1.53km⇒1.73kmに、ステップ数は1486歩⇒1809歩に、心拍Zoneは87.83%⇒92.83%に、それぞれ格段に運動量・身体機能の向上が認められました。前半よりも更に心拍数が上がっているにも関わらず、後半の方が走行距離やステップ数が伸びていることから、見られたこと・応援されたことにより、心拍が高い疲れている状況でも頑張れていたことが分かりました。

※心拍Zone … 選手の心拍数を1〜5のZoneで測定。「心拍ZoneMAX」は最大心拍数200に達している割合の値。「心拍Zone80%」は心拍数160以上にいる割合の値

人は、見られることで、強くなる | 大勢に注目されることが選手のパフォーマンス向上に影響することを検証(インハイ.tv|スポーツブル)

これが選手の能力を引き出す、能力を発揮させるということですよね。まあ、ほとんどの指導者はこういう事実を知ろうとしていませんし、選手というのは精神的に追い込んでこそ強くなると思い込んでる場合が多いですよね。そのおかげで多くの選手は持っている能力を出し切れていないという現実があるわけです。せっかくですから指導者にヤイヤイ言われたり、指導者に怒られた時のパフォーマンスがどうなるのかも検証してほしいくらいですけど…。まあ、そんなことも言ってられないのでこういう検証結果があるということくらいは知っておいてほしいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. プロ野球選手になった男のテレビ画面に映らないバックアップ
  2. 中学時代は6番バッター?
  3. ロビンソン・カノ選手が実践しているカノ・ドリルとは?
  4. 今シーズンから導入されるリクエスト。これから求められる技術とは?
  5. 【ジャイアンツ・岡本和真選手の守備はリーグ1、2を争う?】ファーストを守る選手が…

関連記事

  1. フィジカル

    野球が上手くなるための身体と脳の使い方

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は教材のご案…

  2. フィジカル

    【映画『マトリックス』に学ぶ】速く動く方法

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。映画『マトリック…

  3. フィジカル

    保護中: フェデラー選手の凄さとは?【パスワードは2月6日のBBB通信で】

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  4. フィジカル

    運動神経を高めるトレーニング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。素晴らしいトレーニング…

  5. フィジカル

    【強い打球が打ちたかったら体重を増やせばいいんですよ】増量に対する考え方

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。MLBの試合を見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【世界一の遊撃手であるアンドレルトン・シモンズ選手から学ぶ】内野手としての意識
  2. フィールディング

    【ヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】キャッチャーの基本練習とは?
  3. バッティング

    【花咲徳栄の優勝で幕を閉じました】花咲徳栄の強打を作ったのは…
  4. フィールディング

    【要注目!】プロでもショートを守れるであろう楽しみな高校生
  5. コーチング

    【お前たち最高だぜ!】監督のイメージチェンジが選手の能力を発揮させた?
PAGE TOP