バッティング

彼らがバットを振れる理由

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

82試合を消化した時点(2018年7月23日現在)で打率.352、本塁打23、出塁率.411、長打率.654でOPSが1.065という素晴らしい成績を残しているのは福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手なんですが…。彼の高校最後の試合の5打席がYouTubeにアップロードされていたので、ぜひご覧になってみてください。

柳田選手は高校時代は注目されるような選手ではなかったという話を聞いていたんですが、この動画を見ると非常にボールに当てるのが巧いコンタクトヒッターであったように感じられます。実はこれは高校時代の吉田正尚選手(オリックス)にも言えることで、私が高校時代の彼を見ていた印象はホームランをガンガン打つ選手というよりもコンタクト能力が高いバッターだったんですね。まあ、もちろんスイングスピードや打球速度は速かったんですが、どちらかというとあまり三振をしないバッターという印象の方が強いんですね。(※オリックスの吉田正尚選手については過去にこんなことを書いているので興味があれば読んでみてください。【オリックス・吉田正尚選手のバッティングから考える】バッターに必要なバッティング技術とは?

で、実はイチロー選手に言わせるとあの松井秀喜選手もミートが巧いコンタクトヒッターという評価なんですね。

ここから考えると彼らは高いコンタクト能力があるから怖がらずに振れるのかもしれませんね。ですから、バッターならコンタクト能力を高めることも忘れないでほしいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 超強豪校がずっと勝ち続けている理由はピッチャーの…
  2. 野球選手なら積極的な走塁を身につけよう!そのために知っておくべき事とは…
  3. 一塁ベースコーチの仕事はどこまで?
  4. クリス・ブライアント選手の無駄のないスイング
  5. 【一塁ランナー】牽制をもらう方法ともらわない方法

関連記事

  1. バッティング

    【4年連続200安打を達成!】アルトゥーベ選手のバッティングを切り取ってみる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。アルトゥーベ選手…

  2. バッティング

    バッターにとってゴロはお金にならない

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。トロント・ブルー…

  3. バッティング

    MLBを代表するバッターであるマイク・トラウト選手の感覚とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。Aロッドの愛称で…

  4. バッティング

    【2017年のMLBドラフト】上位指名された3選手を見てみましょう

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。2017年のML…

  5. バッティング

    これからの野球界はバットを強く振れない選手は使ってもらえない。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は母校が登場…

  6. バッティング

    どうしたら野手がプロ野球選手になれるか考えてみたことはありますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はどうしたら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【内野守備】世界一の内野手はどうして育ったのか?
  2. バッティング

    【いやいやちょっと待ってください!】バッティングの性質を理解していますか?
  3. フィジカル

    子どもの身長を伸ばすためにできること
  4. バッティング

    あの安打製造機が語るバットコントロールとは?
  5. バッティング

    今シーズン絶好調のあのチーム。その強さの秘密は打者たちの意識の変化にあった?
PAGE TOP