バッティング

クロマティ氏が語る『バッターがクセにするべき事』

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日はMLBのオールスターゲームがあったんですけど、その試合を解説していたウォーレン・クロマティ氏が面白いことを言っていましたので紹介させていただきます。

(バッターは)ミットに入るまでボールをしっかりと追え。若い選手へのアドバイスは見逃す時でもしっかりとボールをミットに吸い込まれるまで最後まで見届ける。キャッチャーがピッチャーにボールを返すその球筋を見るのもクセにしろ。とにかく常に目はボールを追うというクセをつけさせる。それが大事だ。

このクロマティ氏の言葉は非常に大切なことを教えてくれていると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 誰も教えてくれなかった『あなたの体の使い方』
  2. 【二塁手】ダブルプレーのターンはどっち?
  3. 【打つ、投げる、走るに脱力を!】脱力の極意
  4. 【映画『マトリックス』に学ぶ】速く動く方法
  5. 【小久保裕紀氏に学ぶ】チームを強くした伝統とは?

関連記事

  1. バッティング

    どうしたら野手がプロ野球選手になれるか考えてみたことはありますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はどうしたら…

  2. フィジカル

    壁にぶつかれる選手、壁を乗り越えれる選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、サンデーL…

  3. バッティング

    世界一飛ばす選手のバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ジャンカルロ・ス…

  4. フィジカル

    単なる遊びが実は良い練習だったりする。【野球選手も参考にしてほしい】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。個人的にはこの練…

  5. バッティング

    安打製造機と言われる選手のバッティングの秘密とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は安打製造機の秘密…

  6. バッティング

    あなたは2人の大打者が同じスイングをしていたって知ってましたか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は面白い映像…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    偉大な指導者からの教え【野球選手を伸ばすコミュニケーション方法とは?】
  2. コーチング

    数々の名選手を育てた名指導者の考え方とは?
  3. フィジカル

    補殺数の世界記録を持つオジー・スミス選手。彼がどんな体を持つ選手だったか知ってい…
  4. バッティング

    すでに世界最高レベルの野球選手だということが証明された大谷翔平選手
  5. ベースボールIQ

    保護中: ジャイアンツトークショーの音声を特別に大公開!【ジャイアンツの坂本選手…
PAGE TOP