バッティング

クロマティ氏が語る『バッターがクセにするべき事』

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日はMLBのオールスターゲームがあったんですけど、その試合を解説していたウォーレン・クロマティ氏が面白いことを言っていましたので紹介させていただきます。

(バッターは)ミットに入るまでボールをしっかりと追え。若い選手へのアドバイスは見逃す時でもしっかりとボールをミットに吸い込まれるまで最後まで見届ける。キャッチャーがピッチャーにボールを返すその球筋を見るのもクセにしろ。とにかく常に目はボールを追うというクセをつけさせる。それが大事だ。

このクロマティ氏の言葉は非常に大切なことを教えてくれていると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. オリックスvs.千葉ロッテ【観戦記】
  2. 盗塁のスタートを良くするための反応練習法とは?
  3. 【伝説のバッター】ハンク・アーロン氏のバッティング理論とは?
  4. ご自分の体と向き合っていますか?
  5. 【内野手のゴロ捕球】捕球する時のひとつの技術とは?

関連記事

  1. バッティング

    【4年連続200安打を達成!】アルトゥーベ選手のバッティングを切り取ってみる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。アルトゥーベ選手…

  2. バッティング

    故グウィン氏にはイチロー選手のバッティングはおかしく見えていた…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。2年前に亡くなられた故…

  3. バッティング

    【カルロス・コレア選手に学ぶ】あなたのスイングを解析する時に注意すること

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。アメリカのBla…

  4. バッティング

    プホルス選手のバッティング理論から考える【野球選手として成長するために…】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は先日3,0…

  5. バッティング

    マグワイアを超える新人シーズン本塁打記録!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ついにアーロン・…

  6. バッティング

    引きつけて打つから前で捌くへ!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ワールドシリーズ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. マインド

    野球選手はマンダラートを使え!
  2. バッティング

    ある女性がメジャーリーガーたちにバッティング理論を語らせている…
  3. フィールディング

    【3つのピボット】練習してますか?
  4. フィールディング

    12歳の小さなアルトゥーベがすでに身につけている技術とは?
  5. ピッチング

    スカウトたちはあなたの投げるボールを見ている…
PAGE TOP