バッティング

クロマティ氏が語る『バッターがクセにするべき事』

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日はMLBのオールスターゲームがあったんですけど、その試合を解説していたウォーレン・クロマティ氏が面白いことを言っていましたので紹介させていただきます。

(バッターは)ミットに入るまでボールをしっかりと追え。若い選手へのアドバイスは見逃す時でもしっかりとボールをミットに吸い込まれるまで最後まで見届ける。キャッチャーがピッチャーにボールを返すその球筋を見るのもクセにしろ。とにかく常に目はボールを追うというクセをつけさせる。それが大事だ。

このクロマティ氏の言葉は非常に大切なことを教えてくれていると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【肩の力を抜くにはどうすればいいのか?】直接操作ではなく間接的に!
  2. 選手を育成する指導者の基本は…
  3. ワンランク上の選手になるための『キャッチボール論』
  4. 井端コーチが京田選手に伝えていたゴロの捕り方とは?
  5. 【よく見ておきましょう】ランナーの動き

関連記事

  1. フィジカル

    いつから野球を始めるのがベストなのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。最近、僕のメール…

  2. バッティング

    【伝説のバッター】ハンク・アーロン氏のバッティング理論とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。私たちは異次元の…

  3. バッティング

    MLBを代表するバッターであるマイク・トラウト選手の感覚とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。Aロッドの愛称で…

  4. フィジカル

    野球選手として自分の体をコントロールするために…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。このブログでもず…

  5. バッティング

    【広島東洋カープ・丸選手本人が語る】好調の理由とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日は広島東洋カ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ピッチング

    100回大会に現れた素晴らしいピッチャー
  2. マインド

    失敗は失敗の母
  3. フィールディング

    【要注目!】プロでもショートを守れるであろう楽しみな高校生
  4. ベースランニング

    盗塁のスタートを良くするために知っておくべき事とは?
  5. マインド

    【漫画・タッチから学ぶ】覚醒のキッカケとは?
PAGE TOP