ベースランニング

一塁駆け抜けのルール

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日も見ていただいたこの動画ですが…

今日は走者の観点からお話ししたいと思います。

この時のバッターは広島東洋カープの西川龍馬選手だったんですが、彼の一塁への駆け抜け方は小学生の頃に教わってきた駆け抜け方だと思います。要するに「一塁への駆け抜けはファールゾーンに駆け抜けるように!」って教わったんだと思います。まあ、これは彼だけではなくて、私もですし、あなたもだと思うんですが、小さい頃、ほとんどの野球選手は駆け抜け方に関してそう教わってきたと思います。

でも実は…

一塁への駆け抜けというのはどこに駆け抜けてもいいんですね。ファールゾーンでも、フェアゾーンでも、実はどこに駆け抜けてもいいんです。例えば、こんな駆け抜けは全然大丈夫ですし…

こんな駆け抜けでも全然大丈夫です。

他にはこの駆け抜けも見てほしいんですが…

もし、これがセーフだったとしたらあなたはどうしますか?もしかするとスタントン選手にタッグ(タッチ)をしにいくと言う人がいるかもしれません。「だってランナーがフェアゾーンにいるんだからタッグしたらアウトだろ?」って。確かに私も子供の頃に指導者からそう教わりました。だから「一塁を駆け抜けても決してフェアゾーンに入るな。(二塁に行けると思って)フェアゾーンに入ってしまったとしても無理だと思ったらすぐにファールゾーンに出ろ」って言われたのを昨日のことのように思い出します。ただ、これは今考えると恐ろしい教えです^^;

では、公認野球規則にはどう書かれているのかというと…

5.09b 走者アウト
(4)ボールインプレイで走者が塁を離れているときに触球された場合。
【例外】打者走者が一塁に走るときは、ただちに帰ることを条件としてならば、オーバーランまたはオーバースライドして一塁を離れているとき触球されても、アウトにはならない

このように公認野球規則には駆け抜けたあとフェアゾーンにいてはいけないとかファールゾーンにいなくてはいけないなどとは書かれていないんですね。ですから、実際のところはどこに駆け抜けてもいいというのが野球のルールです。

ただ!ですね。行為を示してはいけないんですね。そのことについて公認野球規則にはこう書かれています。

5.09b 走者アウト
(11)走者が一塁をオーバーランまたはオーバースライドした後、ただちに一塁に帰塁しなかった場合。

一塁をオーバーランまたはオーバースライドした走者が二塁へ進もうとする行為を示せば、触球されればアウトとなる。

また、一塁をオーバーランまたはオーバースライドした走者が、ただちに帰塁しないでダッグアウトまたは自己の守備位置に行こうとした場合も、野手が走者または塁に触球して、アピールすればアウトとなる。

では、どれくらい行為を示すといけないのかというとこれくらいです。

プイグ選手の走塁を見るとほんの少しだけ二塁に行こうとしたのがわかりますよね。これくらいの行為を示すと触球(タッグ)されたらアウトになるんですね。この場合はルールをよく知っていたピント捕手が素晴らしかったんですがイチロー選手くらいになるとどんな走り方になるのかというと…

このように目に見えるような行為は示していません。

では、このルールを頭に入れた上で先ほどの西川龍馬選手の走塁を見てみると…

西川選手も二塁に行こうとする行為を示していないのが素晴らしいですね。

ただ、守っている立場の選手ならこれくらいの行為でも一応タッグしておくべきですね。

一瞬、アルトゥーベ選手の腕が動いてますからね。まあ、あとは一塁塁審に判断してもらえばいいだけですから。意外と一塁の塁審は「タッグしたらアウトなのに…」って思っているかもしれませんからよ。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. リトルリーグワールドシリーズは日本が優勝しました
  2. あのマニー・マチャド選手が見せた相手を讃える姿。
  3. 【漫画・タッチから学ぶ】覚醒のキッカケとは?
  4. すごいすごいと思っていたメジャーリーガー。でも実は…
  5. 【球団に対する冒とく行為で戦力外】あなたも気をつけてください。

関連記事

  1. ベースランニング

    チャーリー・ブラックモン選手のスライディング技術

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。すでにMLBでは…

  2. ベースランニング

    【良い選手になるために…】決して隙は見せない!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日は面白いプレ…

  3. ベースランニング

    ヘッドスライディングは速いのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。『Sport s…

  4. ベースランニング

    ピッチャーに錯覚させる一塁走者のリードの仕方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。来シーズンからヤ…

  5. ベースランニング

    【よく見ておきましょう】ランナーの動き

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨晩、U18日本…

コメント

    • 少年野球コーチ
    • 2018年 7月 03日

    東さん、いつも有難う御座います。
    今回の【一塁の駆け抜け】は私は小学生の時に教えてもらえた稀な人間です。
    自主練コーチでもあった、元西鉄の選手に教えて頂いた事でした。

    さて、同じ【一塁の駆け抜け】に関してですが、よく駆け抜けた後、体を180度回転させてボールの状況を確認したり、審判のジャッジを見たり、中には審判に自らセーフのジェスチャーをする選手が多く見受けられます。
    私はあの半回転は大反対なんです。

    まず、身体のバランスが整って無い小学生に、駆け抜けて半転なんて危険過ぎると思います。実際半転後に勢いがまだあり、後ろ向きにこけて、後頭部強打する選手も見て来ました。
    半回転する為に、ベース手前からスピードを落とす選手も居ました。

    それと、身体が次の動きをしやすい事で、二塁まで行けないような後逸でも足が本能的に二塁を向かう動きをしてしまう。

    私は駆け抜けた方向へ体は向けたまま、右を見るように指導してます。
    その状態でボールが確認出来れば、二塁へ行けるくらいの後逸だと思います。

    少年野球の場合、ほとんどがファーストが後逸するとボールデッドラインを越え(グラウンドキャパ都合によりボールデッドラインが近いなど)ボールデッドになりますので、あまり練習されないプレーですが、逆に私は、駆け抜けを教えた後は、捕手や周りのプレーヤーには、打者ランナーの駆け抜け後を見るように指導してます。

    こういう所ってセンスですよね(^^)

  1. 少年野球コーチさん

    確かにセンスがいると思いますが、私も打者走者が駆け抜けた後に無駄な動きはさせたくないので少年野球コーチさんの教えに賛成です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    【バッターにはタイプがある】10年連続3割30本100打点を達成したバッターの感…
  2. フィールディング

    ランナーが一塁にいる時に左中間を抜ける打球が飛んだら野手はどう動きますか?
  3. フィールディング

    キャッチングの方法
  4. フィールディング

    【ヤクルトの宮本コーチから学ぶ】チームの顔になるためには…
  5. ピッチング

    『そうする』のではなくて『そうなる』もの
PAGE TOP