コーチング

【MLBドラフト2018】ジーター氏がCEOのマーリンズはどんな選手を指名したのか?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日は待ちに待ったMLBのドラフト会議の1日目。やはり全体1位はケイシー・マイズ投手で“魔法の手”を持つニック・マドリガル選手はホワイトソックスから指名を受けたので全体4位という結果になりました。

さて、それからこのドラフトで個人的に興味があったのはデレク・ジーター氏がCEOを務めるマイアミマーリンズがどういう選手を獲るのかということです。まあ、ジーター氏の意見がどれだけ反映されているのかはわかりませんが個人的には興味があったんですね。なので、今日はマイアミマーリンズがどんな選手を獲ったのかを紹介させていただこうと思います。

まず1ラウンド目に指名したのはコナー・スコット選手。センターを守る18歳の選手です。

それから2ラウンド目に指名したのがオサイリス・ジョンソン選手。彼はショートを守る17歳の選手です。あのジーター氏が選んだのかもしれない遊撃手。興味がありますよね。ぜひ、ご覧ください。

そしてCBBで指名したのがウィル・バンフィールド選手。18歳のキャッチャーです。

まあ、MLBのドラフト会議はあと2日あるのでマーリンズがあと2日でどんな選手を指名していくのか注目していきますが、とりあえず今日の指名はこの3選手でした。

この3選手がアピールしながらプレーしている映像を見てどういう印象を受けたかはわかりませんが、このレベルがMLBでも上位指名されるレベルの選手たちだということです。ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ハードヒット率 52.1%を誇る打者のバッティング理論とは?
  2. ピッチングフォームを分析する『エクステンション』とは?
  3. 【鈴木尚広氏から学ぶ】誰も教えてくれなかった盗塁のコツ
  4. やっぱり、こういう選手は魅力がありますね
  5. 野球選手の守備が上達しないのは指導者に問題がある場合が多い。

関連記事

  1. コーチング

    野球の指導者として一番大事なものは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、荒川博氏が…

  2. コーチング

    【超高校級なんて知れている】この数字、なんの数字かわかりますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。関西で放送される…

  3. コーチング

    ドミニカ共和国の選手たちが行っている練習メニュー

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ドミニカ共和国の…

  4. コーチング

    なぜプロ野球選手が育つのか?【野球選手としての本能を消してしまうな!】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ウチの弟が敦賀気…

  5. コーチング

    【考える野球】ところで選手たちは考えられるほど野球を知ってますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は高校野球か…

  6. コーチング

    イチロー選手が最も称えられている能力は…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。イチロー選手の何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    美人ほど整形したがる【野球界も一緒なのか?】
  2. フィジカル

    保護中: プロ野球選手になる方法があるとすれば…
  3. バッティング

    イチロー選手のバッティングから学ぶ。《連ティーに隠さているものとは?》
  4. ベースボールIQ

    【ビル・リプケン氏から学ぶ】打者を抑えるための配球理論とは?
  5. フィールディング

    【世界の三塁手に学ぶ】彼らが意識している事とは?
PAGE TOP