コーチング

【MLBドラフト2018】ジーター氏がCEOのマーリンズはどんな選手を指名したのか?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日は待ちに待ったMLBのドラフト会議の1日目。やはり全体1位はケイシー・マイズ投手で“魔法の手”を持つニック・マドリガル選手はホワイトソックスから指名を受けたので全体4位という結果になりました。

さて、それからこのドラフトで個人的に興味があったのはデレク・ジーター氏がCEOを務めるマイアミマーリンズがどういう選手を獲るのかということです。まあ、ジーター氏の意見がどれだけ反映されているのかはわかりませんが個人的には興味があったんですね。なので、今日はマイアミマーリンズがどんな選手を獲ったのかを紹介させていただこうと思います。

まず1ラウンド目に指名したのはコナー・スコット選手。センターを守る18歳の選手です。

それから2ラウンド目に指名したのがオサイリス・ジョンソン選手。彼はショートを守る17歳の選手です。あのジーター氏が選んだのかもしれない遊撃手。興味がありますよね。ぜひ、ご覧ください。

そしてCBBで指名したのがウィル・バンフィールド選手。18歳のキャッチャーです。

まあ、MLBのドラフト会議はあと2日あるのでマーリンズがあと2日でどんな選手を指名していくのか注目していきますが、とりあえず今日の指名はこの3選手でした。

この3選手がアピールしながらプレーしている映像を見てどういう印象を受けたかはわかりませんが、このレベルがMLBでも上位指名されるレベルの選手たちだということです。ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 小学生の時にやっておかなければいけない事がある。
  2. メジャーリーガーたちの素振りを見てみる。
  3. バッターにとってゴロはお金にならない
  4. 世界一飛ばす選手のバッティング理論
  5. プロ野球界で唯一、三度の三冠王になった男のバッティング理論

関連記事

  1. コーチング

    今、野球人に読んで欲しい一冊。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。実は昨年の1月ぐ…

  2. コーチング

    野球選手としての成長は努力と比例しない。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、面白い話を…

  3. コーチング

    【考える野球】ところで選手たちは考えられるほど野球を知ってますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は高校野球か…

  4. コーチング

    ドミニカ共和国の選手たちが行っている練習メニュー

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ドミニカ共和国の…

  5. コーチング

    保護中: 青木宣親選手が語る「MLB流コーチング」

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    【ふくらんだ体を持って重いウエイトを挙げられるだけでは強いと言わない】元囚人が教…
  2. バッティング

    どうしたら野手がプロ野球選手になれるか考えてみたことはありますか?
  3. ベースランニング

    【ソフトバンクの今宮選手から学ぶ】二塁走者の第2リード
  4. フィジカル

    桐生選手と室伏氏のトレーニングとは?
  5. マインド

    野球選手としての心構えとは?
PAGE TOP