ベースランニング

【質問です】あなたはタッグアップのルールを知ってますか?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

実はプロ野球選手だからって野球のルールを完全に理解しているわけではありません。ですから、もちろんメジャーリーガーだって知らないことはあるのです。まあ、言ってみればルールを知らなくてもプロ野球選手になれるから野球は面白いんですよね。

というのもですね、実は今シーズンのMLBの試合でこんなシーンがあったんです。

1−1で迎えた5回表、一死満塁。ここでレフトフライが!

まあ、結局このプレーはチャレンジでヒットと判定されたので1点は入ったんですが、三塁走者のカスティーヨ選手はルールを知らずにレフトのグランダーソン選手が一度グラブに当ててから捕球したので帰塁してしまったんですね。

でも、実はこれは戻る必要はなかったわけです。まあ、ほとんどの野球選手はご存知だとは思いますがタッグアップ(タッチアップ)というのは一度でも野手に触れたらスタートしていいというルールになっているんですね。

まあ、何億円も稼ぐMLBの選手が知らなかったんですからこのルールを知らなかったとしても安心して欲しいんですが、タッグアップについてビル・リプケン氏とハロルド・レイノルズ氏が解説してくれていますので、ぜひ今日はタッグアップを学んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ドミニカ共和国の野球事情】彼らは野球が好きなわけではない?
  2. 保護中: 【内野手の基本】素手とグラブの違いを知ろう!(パスワードは3月16日[…
  3. 故グウィン氏にはイチロー選手のバッティングはおかしく見えていた…
  4. 【刀の使い方から学ぶ】バッターの感覚
  5. プロで何百勝もしたピッチャーでも…。いや、プロで何百勝もしたピッチャーだからこそ…

関連記事

  1. ベースランニング

    【挟殺】決して諦めるな!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。【挟殺】…

  2. ベースランニング

    【よく見ておきましょう】ランナーの動き

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨晩、U18日本…

  3. ベースランニング

    ビリー・ハミルトン選手のリードとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。残念ながら今年も…

  4. ベースボールIQ

    【あの選手のトリックプレーから学ぶ】ランナーは意外とボールの位置を把握していない

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。野球では攻撃の時…

  5. ベースランニング

    盗塁のスタートを良くするために知っておくべき事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨年引退したジャ…

  6. ベースランニング

    【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。つい先日の話なん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    イチロー選手の高校時代のバッティング《この頃から足でタイミングをとっていた》
  2. ベースランニング

    【一塁ランナー】牽制をもらう方法ともらわない方法
  3. フィジカル

    補殺数の世界記録を持つオジー・スミス選手。彼がどんな体を持つ選手だったか知ってい…
  4. ピッチング

    そろそろピックオフ(牽制球)も世界基準に!
  5. コーチング

    脳科学的な選手育成方法とは?
PAGE TOP