フィールディング

【32億円の男から学ぶ】スピードや強さがなくてもトップでいれる理由

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

サッカー界の話なんですがイニエスタという選手が32億円で神戸に移籍するとかしないとか…

32億円てすごいなと思ってどんな選手なのかを調べてみると、どうやらこの選手、スピードがあるわけではなくて、体の強さもあるわけではないらしいんですね。でも、ボールを操る能力が尋常ではないらしいんです。例えばサッカーではトラップという技術が地味だけど大切なんですって…

サッカーにおいてトラップ(Trap)とは飛んできたボールを身体の一部(手を除く)で受け止めて、自分の意思でコントロールして次の動きを行いやすい位置にボールを移動させること。ファーストタッチ、ファーストコントロールとも言う。ただ受け止めるのみのプレイはストッピングと呼んで区別する。浮き球に対するトラップでは足や腿、脛などに加え、腹や胸、頭等も頻繁に使われる。トラップを上手く行うことでパスやシュート、ドリブルといった次のプレーに素早く移れ、優位に立つことが出来る。逆にトラップに失敗してボールが離れてしまうと敵にボールを奪われる可能性が高くなる。ボールの勢いを完全に殺して足元にコントロールしてボールを自分の支配下に置いたり、トラップでボールを移動させて敵のいないスペースにコントロールしたりと状況に応じて使い分ける。地味な技術であるが、特に選手が密集している中盤から前線において味方からのパスを受けるために重要な技術である。

トラップ (サッカー)|Wikipedia

で、このイニエスタ選手。トラップ技術が確かにスゴいんです。ワントラップで後ろに向けちゃう彼の姿が本当に美しいので、ぜひご覧ください。

バルセロナって世界でもトップレベルのチームのはずなのに一人だけ異次元のレベルでボールを操っている選手が…

それからこれもトラップ技術を磨く練習のひとつだと思うんですが3人でボールを落とさずに回しています。

サッカーでこれまで100億円以上稼いで、まだ32億円稼ごうかというサッカー選手の技術というのは当たり前かもしれませんがやっぱり素晴らしいですよね。ボールが足に吸い付くようです。

まあ、これは野球だって一緒で身につけるべき技術なんていうのは山盛りあるわけですから勝った負けたとか、活躍したとかしなかったとか、そういうことに一喜一憂せずに淡々と野球選手に必要な技術を身につけていってほしいなと思います。もちろんそのためには野球に必要な技術というのはどんな技術があるのかというのを知ることからスタートですが…

あっ!そういえばMLBの選手たちはこんなことをしてよく遊んでいますよ。

まあ、参考まで。

では、また。

※野球選手に必要な技術を少しでも知りたい方は↓の教材を参考にしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ゴールドグラブ賞を3回受賞した男から学ぶ】壁を使った野球上達法!
  2. 自分を知るのは当たり前。その上で…
  3. 【もしかするとあなたは…】自分のバッティングをわかってないんじゃないですか?
  4. 【少しだけ考えてみてください】あなたが最高のスイングをしたとき…
  5. 【世界は広い!】18歳で160キロのスローイングをする選手

関連記事

  1. フィールディング

    今シーズンから導入されるリクエスト。これから求められる技術とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ついに今シーズン…

  2. フィールディング

    外野手がよく言われる「先に下がれ!」とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。外野手が後方のフ…

  3. フィールディング

    【日本一の二塁手から学ぶ】スーパープレーができる理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日は侍ジャパン…

  4. フィールディング

    試合でバックハンド(逆シングル)を使うための基準はクリアできてますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日は内野手のバ…

  5. フィールディング

    【外野手の皆さん!】技術は磨いてますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。突然なんですが……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    イチロー選手が語る『肉体のこと』と『バッティングのこと』。
  2. バッティング

    クリス・ブライアント選手の無駄のないスイング
  3. バッティング

    ティーバッティングを工夫して新しい感覚を掴む!
  4. フィールディング

    【内野手のゴロ捕球】捕球する時のひとつの技術とは?
  5. フィジカル

    野球が上手くなるための身体と脳の使い方
PAGE TOP