バッティング

あなたのスイングを変えてくれるネットドリル

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

以前も紹介したことがあるんですが…
※ロビンソン・カノ選手が実践しているカノ・ドリルとは?|ベースボールバイブル・オフィシャルブログ

MLB Networkの中でネットドリルの話がされていたのでここでも紹介しようと思います。

まず、インパクトの時のトップハンド側の肘の角度の話なんですが…

左側の画像のトップハンド側の肘の角度は鋭角に見えますよね?対して右側の画像の肘の角度は伸びているというか鈍角になっているように見えます。この2つの画像、どちらがホームランを打った時の画像かというと左側なんですね。

このようにホームランを打った時のトップハンドの肘の角度というのは鋭角になっていることが多いそうです。でも、多くの選手は右側の画像のスイングのようにトップハンド側の肘の角度が鈍角になってしまうんですね。それは要するにロングスイングになってしまっているということなのでそういう選手はネットドリルに取り組んでみてはいかがでしょうかということで、この動画をどうぞ。

まあ、実際に今の時代はロングスイングをしている選手が多いので、このネットドリルに取り組んでロングスイングからクイックスイングになればいいなとは私も思います。あっ!ロングスイングとクイックスイングの違いはこちらの動画を参考にしてください。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. イチロー選手のバッティングから学ぶ。《連ティーに隠さているものとは?》
  2. 話題の『瞬達めがね』が教材になりました!
  3. 世界一の右腕が行うトレーニング
  4. 単なる遊びが実は良い練習だったりする。【野球選手も参考にしてほしい】
  5. 野球選手として成功する体質がある。

関連記事

  1. バッティング

    【貴重映像】コディ・ベリンジャー選手の少年時代

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズンデビュ…

  2. バッティング

    プリンス・フィルダー氏のバッティング感覚

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。すでに引退してし…

  3. バッティング

    【秋山幸二氏が語った】本当に凄かったバッターは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。西日本新聞の記事…

  4. バッティング

    MLBで600本のホームランを打ったプホルス選手の歴史と哲学

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、アルバート…

  5. バッティング

    ある女性がメジャーリーガーたちにバッティング理論を語らせている…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。なんという女性な…

  6. バッティング

    野球選手がよくやるロングティー。打ち方は何種類?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ロングティーって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    野球選手とコーチはパートナー!
  2. コーチング

    野球選手を育てようとしてるのに、なぜボールを扱わせないんですか?
  3. バッティング

    【まさに芸術】アーロン・ジャッジ選手のバックスクリーン返し
  4. バッティング

    アレックス・ロドリゲス氏が語るバッティング理論
  5. バッティング

    プホルス選手のバッティング理論から考える【野球選手として成長するために…】
PAGE TOP