バッティング

あなたのスイングを変えてくれるネットドリル

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

以前も紹介したことがあるんですが…
※ロビンソン・カノ選手が実践しているカノ・ドリルとは?|ベースボールバイブル・オフィシャルブログ

MLB Networkの中でネットドリルの話がされていたのでここでも紹介しようと思います。

まず、インパクトの時のトップハンド側の肘の角度の話なんですが…

左側の画像のトップハンド側の肘の角度は鋭角に見えますよね?対して右側の画像の肘の角度は伸びているというか鈍角になっているように見えます。この2つの画像、どちらがホームランを打った時の画像かというと左側なんですね。

このようにホームランを打った時のトップハンドの肘の角度というのは鋭角になっていることが多いそうです。でも、多くの選手は右側の画像のスイングのようにトップハンド側の肘の角度が鈍角になってしまうんですね。それは要するにロングスイングになってしまっているということなのでそういう選手はネットドリルに取り組んでみてはいかがでしょうかということで、この動画をどうぞ。

まあ、実際に今の時代はロングスイングをしている選手が多いので、このネットドリルに取り組んでロングスイングからクイックスイングになればいいなとは私も思います。あっ!ロングスイングとクイックスイングの違いはこちらの動画を参考にしてください。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ホセ・アルトゥーベ選手が語る】『ハサミ』と呼ばれるバッティング技術とは?
  2. 【この夏に輝いていた一人の投手】関東No.1と言われた投手の中学時代は…
  3. 【内野守備】ソフトバンクホークスの秋季キャンプから学ぶ
  4. 補殺記録を塗り替える内野手は現れた!次は刺殺記録を塗り替える外野手が出てきてほし…
  5. 【サードを守る選手のための…】バディ・ベルドリル

関連記事

  1. バッティング

    美人ほど整形したがる【野球界も一緒なのか?】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。飛距離と確率。…

  2. バッティング

    【少しだけ考えてみてください】あなたが最高のスイングをしたとき…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ちょっと質問があ…

  3. バッティング

    【日本記録保持者も真似できないと言う】強烈なスイングの源とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。2018年1月2…

  4. バッティング

    二冠王のプロ野球選手もプロに入ってバッティングの構えはこれだけ変化している

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。バッティングとい…

  5. バッティング

    惜しくもMVPを逃したバッターから学ぶ【時代に流されない強さ】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、MLBの今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    先輩に「投げにくい」言われたキャッチャーが超一流のキャッチャーになれた理由
  2. マインド

    【スティーブ・ジョブズの言葉から学ぶ】野球選手にとって大切な考え方とは?
  3. フィールディング

    1993年に56個のエラーをしたにも関わらずスーパースターになった選手とは?
  4. バッティング

    【MLB開幕】メジャーリーガーたちが使うグリップテープ&トラウト選手のバッティン…
  5. フィールディング

    内野守備ドリル
PAGE TOP