ピッチング

【世界最先端】あのピッチャーが急成長している理由とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日、スポーツナビで「ドライブラインベースボール」が紹介されていました。

メジャーリーグで二刀流に挑む大谷翔平。投手、野手両方での練習や新天地でのプレッシャー、慣れない英語漬けの生活などで疲労が蓄積し、投球フォームを崩さないか心配されている。

その「フォーム」をめぐり、いまメジャーリーガーの間で話題になっているトレーニング施設がある。シアトルにある「ドライブラインベースボール」だ。トレーナーや医師、動作分析の専門家などさまざまな分野のプロが常駐。科学的で安全な指導が受けられると評判を呼び、現役選手やドラフトを目指す大学生など、年間約500人がここで汗を流している。取材を始めた2月初めには、この春レンジャーズと契約したかつてのサイ・ヤング賞投手、ティム・リンスカムの姿もあった。

(中略)

バウアーの動画が反響を呼ぶ

正しいフォームを身につけたことで劇的な成長を遂げた選手がいる。インディアンズの投手、トレバー・バウアーだ。昨年まで3年連続2ケタ勝利を挙げた彼が、ドライブラインに通い始めたのは5年前。きっかけはやはり、けがだった。「以前は足を大きく踏み出して、上から投げ下ろすフォームだった。だが股関節と腰をけがしてしまった。ドライブラインでフォームを変えたら、ストレートが速くなったんだよ」と明かす。

今ではオフシーズンの大半をドライブラインで過ごすというバウアー。今年1月、1つの動画を公開し、反響を呼んだ。その動画の中でバウアー投手は、球速188キロ(116.9マイル)の球を投げていた。助走をつけた投球とはいえ、世界最速男チャップマンの169キロを大きく超える球速だ。

投球フォーム修正で球速アップ!メジャーリーガー注目のトレーニング|スポーツナビ

その動画というのが、この動画です。

これは「Cut4」によると公式戦で使用する5オンス(約142グラム)より軽い3オンス(約85グラム)のボールを使用したトレーニングだったそうですが、それでも5オンスのボールで100マイル以上のストレートを投げるマイケル・コペック(シカゴ・ホワイトソックス傘下3Aシャーロット・ナイツ)の110マイル(177キロ)を上回ったそうです。

まあ、バウアー投手に関してはベースボールバイブルでも何度か紹介させていただいたんですが、とにかく遠投がスゴいんですよね。

クリーブランド・インディアンスにトレバー・バウアーという投手がいます。

そんな彼は試合前にロングトス(遠投)をすることで有名なんですが…

なんと475ft(145m)も投げてしまうそうです。

まあ、145mというのはさすがに言い過ぎだとは思いますが…

確かにすごい肩です。

遠投145m?|ベースボールバイブル公式ブログ

このようにえげつない肩を持っているバウアー投手ですが、実は成長しているのは球速だけではなく成績も飛躍的に伸びているんですね。

出典:https://ja.wikipedia.org/

これほどの急成長を見せるバウアー投手がオフシーズンの大半を過ごしているのが「ドライブラインベースボール」です。

もちろんドライブラインベースボールではただ単にトレーニングをするだけではなく体中にセンサーを装着してモーションキャプチャーを使い、フォームのデータを取り、肩の回り方や関節への負荷などを調べる作業を繰り返し、理想のフォームを完成させていくそうなんですが、特徴的なのが様々な重さのボールを使って行うトレーニングなんですね。そこで、ぜひ、その映像を見てください。

まずはリバーススロー(やり方は動画を参考にしてください)を2kgのブラックボールで10回×1セット。次は1kgのグリーンボールで同じようにリバーススローを10回×1セット。

次にピボットピックオフズを2kgのブラックボールで10回×1セット。次は1kgのグリーンボールで同じように10回×1セット。

その次にロールインスローを1kgのグリーンボールで5回×1セット。次は450gのブルーボールで同じように5回×1セット。

それからロッカースローで450gのブルーボールで1回、225gのレッドボールで1回、150gのイエローボールで1回、100gのグレーボールで1回投げます。

次にウォーキングワインドアップで450gのブルーボールで1回、225gのレッドボールで1回、150gのイエローボールで1回、100gのグレーボールで1回投げます。

これがウォーミングアップになるみたいですね。

また、彼らが推奨する投げ方(下半身の使い方)もさすがの一言です。

それから、こちらの動画ではバウアー投手はダーツを投げるように肘を使うと言っていますね。そういう肘の使い方をすると肘を故障するリスクが減るようですので、ぜひ動画で確認してみてください。

(投げ方のお話は1:15〜)

これが最先端というかドライブラインベースボールの一部です。

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

  member  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ベースボールバイブルがマネジメントを始めました。
  2. イチロー選手のバッティングから学ぶ。《連ティーに隠さているものとは?》
  3. 盗塁のスタートを良くするための反応練習法とは?
  4. ジョコビッチの生まれ変わる食事
  5. いや〜、良い画像

関連記事

  1. ピッチング

    【ジャイアンツの菅野投手から学ぶ】ストレートの極意とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ジャイアンツの菅…

  2. ピッチング

    最高のストレートを投げれる理由【タメの作り方】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。2014年から4…

  3. ピッチング

    掴んだ感覚を失わないために…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。この記事読みまし…

  4. ピッチング

    世界一の右腕が行うトレーニング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ついに球団初の世…

  5. ピッチング

    あのピッチャーが実践したコントロールを良くする方法

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。コントロールを良…

  6. ピッチング

    あのプロ野球選手たちが中学時代に対戦していた!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本ハムの立田将…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    野球選手としての本能を大切にしていたんだろうなと感じる動画。
  2. 野球脳

    野球選手が上達するための極意とは?
  3. バッティング

    【松中信彦氏が語る】15歳以下の野球選手の育て方とは?
  4. ベースランニング

    【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる
  5. コーチング

    偉大な指導者からの教え【野球選手を伸ばすコミュニケーション方法とは?】
PAGE TOP