コーチング

【中村奨成選手へ】野村克也氏からの金言

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日、TBSテレビが放送するS1という番組で野村克也氏と中村奨成選手が対談していたんですが、その内容があまりにも素晴らしかったので紹介させていただきたいんですが、その前に…

いつも不思議に思うんですが野村克也氏の言葉とか野球観というのはいつ聞いても最先端なんですよね。今でもどこかで野球を学んでいるのか、すでに深いところまで野球を掘り下げて不変の真理を知ってしまっているのかはわかりませんが…。不思議なくらいに最先端です。ということで対談の内容を見てみましょう。

まず、野村克也氏が気にしたのは中村奨成選手の学力でした。

この問いに中村奨成選手は「普通ぐらいです。平均…」と答えていたんですが、それを聞いて「じゃあバカではないんだ」と。そして…

こういうアドバイスを送っておられました。

それから夢の話に関して。

プロ野球選手になって達成感を感じるな!(満足するな!)

プロ野球選手になってやっとスタートラインに立てたと自覚せよ!

とのことです。

それからキャッチングに関してはこういうアドバイスをされていました。

要は、こういうことです。

この技術はある番組で谷繁選手も紹介していましたが、驚くことに野村克也氏はその何年(何十年?)も前から実践していたんですね。

ただ、この捕り方はタイミングがとれないので本当に捕りにくいです。ですが、中村奨成選手にもなんとかこの技術をものにしてもらいたいなと思います。今まで受けてきたピッチャーとは全然違うキレのあるプロのピッチャーのボールを今までより難しい捕り方で捕るって大変なことですけどね^^;

ですから、これからプロ野球選手になろうと思っているアマチュア選手なんかは今からこの捕り方(技術)にトライしておいた方がいいと思います。

そして、信頼を得る方法について。

これは大事な教えですよね。

まあ、基本といえば基本ですけど…。これが意外と難しい。でも、信頼して欲しいのであれば相手に認めてもらわなければいけませんからね。この話はぜひ参考にしてもらいたいと思います。

あとは親孝行することと…

取り組む姿勢について。

せっかくスタートラインに立てたんだから強い思いを持って歩んでいきなさいということですよね。

このように野村克也氏が中村奨成選手に送ったアドバイスの多くは中村奨成選手だけではなく、多くの野球選手に役に立つアドバイスだと思いますので、ぜひ参考にしてもらいたいと思います。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【世界最先端】あのピッチャーが急成長している理由とは?
  2. 【川崎宗則選手に学ぶ】変化球のススメ
  3. 大ブレイクしたコディ・ベリンジャー選手のお父さんがベリンジャー選手を語る
  4. 内野手のハンドリングを上手くする練習方法。
  5. 野球選手なら積極的な走塁を身につけよう!そのために知っておくべき事とは…

関連記事

  1. コーチング

    あのメジャーリーガーが語る「MLB流コーチング」

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。元日に鳥谷選手と…

  2. コーチング

    野球選手を育てようとしてるのに、なぜボールを扱わせないんですか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。以前、この動画を…

  3. マインド

    野球選手としてもっともっと成長するためには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、あるテレビ…

  4. ピッチング

    プロ野球選手とアマチュア選手に見えるキャッチボールでの意識の差

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。非常に為になるコ…

  5. コーチング

    【問題です】この野球少年たちはのちにどんな野球選手になったでしょうか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は問題を用意…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    180キロ以上の打球が打てる大谷翔平という怪物
  2. マインド

    野球の神様はあなたに罰を与えません。
  3. フィールディング

    【要注目!】プロでもショートを守れるであろう楽しみな高校生
  4. ピッチング

    ”遊び”がなければ20勝投手は生まれなかった
  5. フィールディング

    世界クラスのキャッチャーのキャッチングを見てみる(※注 フレーミングではありませ…
PAGE TOP