フィジカル

背面キャッチをやってみた【野球選手としてプレーの精度を高めるためには…】

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

久しぶりにキャッチボールをしていたら面白くなってきて背面キャッチに挑戦してみました。

実は今、新しい教材を制作中なんですけど、野球選手というのはプレー精度を高めるために『ある能力』を徹底的に高めないといけないんですね。誤解を恐れずに言ってしまうと野球の練習というのはその能力を高めるためにやるべきだと思います。どれだけ心を鍛えても、どれだけ技を磨こうとしても、どれだけ体を強くしたとしても、この能力がなければ野球選手としてのプレーの精度は上がってこないものです。もちろん形を綺麗にしたとしてもプレー精度は上がりません。ところが残念なことにそういうことを理解して練習している野球選手っていうのは少ないような気がするんですね。ということで2月にその話をした教材をリリースしますのでどうか楽しみにしてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 1993年に56個のエラーをしたにも関わらずスーパースターになった選手とは?
  2. 【ついに、あの番組が…】西川龍馬を取り上げた!
  3. 腹筋ができなくても世界一、いや霊長類最強と言われる選手になれた。【だから腹筋をす…
  4. 【ジャイアンツ・坂本勇人選手】彼が日本人の内野守備に対する常識を変えてくれるかも…
  5. 第28回WBSC・U-18ベースボールワールドカップはアメリカの優勝で幕を閉じま…

関連記事

  1. フィジカル

    話題の『瞬達めがね』が教材になりました!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。お待たせいたしま…

  2. ピッチング

    『そうする』のではなくて『そうなる』もの

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。この時期というの…

  3. バッティング

    イチロー選手が語る『肉体のこと』と『バッティングのこと』。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、イチロー選…

  4. フィジカル

    ミスショットを減らしてヒットを量産する方法

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。瞬達めがねの話を…

  5. フィジカル

    アメフトのトレーニングから学ぶ《スピードアップのためのトレーニング動画》

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は良いトレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. マインド

    【田口壮氏が語る】自身の高校時代
  2. バッティング

    ロビンソン・カノ選手が実践しているカノ・ドリルとは?
  3. バッティング

    MLBで600本のホームランを打ったプホルス選手の歴史と哲学
  4. バッティング

    スイングスピードを上げるために…
  5. フィールディング

    ランナーが一塁にいる時に左中間を抜ける打球が飛んだら野手はどう動きますか?
PAGE TOP