バッティング

あなただけのフラットスイングを見つけてください。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

MLBで本塁打王も獲ったことがあるカルロス・ペーニャ氏が『良いバッターになるためにはどうすればいいのか』と『打球の角度を改善するためにどうすればいいのか』という話をしてくれています。

動画の中でヨンダー・アロンソ選手の打ち方がベターだとおっしゃっているのでヨンダー・アロンソ選手がバッティング練習をしている動画もどうぞご覧ください。

さて、動画の中でカルロス・ペーニャ氏が話している内容ですが、彼は「アッパースイングはフォーム全体の乱れにつながり、打球はゴロになる」とおっしゃています。さらに「アッパースイングでは打球は上がらない」ともおっしゃっていましたね。

で、実はこの動画には続きがあって、その説明が非常に素晴らしいんです。というのも…

ここ数年、日本でよく耳にするのはボールの軌道から考えるとダウンスイングではミートポイントが一点になってしまうので、ボールの軌道に対してフラットにスイングしましょう。そうすればミートポイントが増えるのでボールに当たる確率は格段に上がるという話です。

そういう理屈から最近ではアッパースイング気味に振る選手が増えているわけですが、カルロス・ペーニャ氏はそのアッパースイングというのはミートポイントが一点になる打法だと伝えているんですね。

こういう観点から考えても野球選手というのは本当にフラットなスイングというのを探し続けなければいけないのかもしれません。その感覚というのは人それぞれだと思いますので、ぜひ、あなただけのフラットスイングというのを身につけて欲しいなと思います。意外と信じられない感覚だったりするかもしれませんよ。

まあ、参考まで。

では、また。

member   35  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 海外の野球少年たちはこんな守備練習をしている。
  2. 野球界にも当たり前のように表に出てくるようになった『yips』
  3. ロビンソン・カノ選手が実践しているカノ・ドリルとは?
  4. 脳科学的な選手育成方法とは?
  5. あの国民栄誉賞を受賞した野球選手はどのようにして育てられたのか?

関連記事

  1. バッティング

    ロビンソン・カノ選手が実践しているカノ・ドリルとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日はロビンソン…

  2. バッティング

    これからの時代に大切になってくるバント。そこで【バントの極意】を制作します!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ただいま前川さん…

  3. バッティング

    プリンス・フィルダー氏のバッティング感覚

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。すでに引退してし…

  4. バッティング

    【現在ナショナル・リーグ打率3位】ジャスティン・ターナー選手のバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。すでにシーズンも…

  5. バッティング

    あの安打製造機が語るバットコントロールとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。篠塚氏が話すバッ…

  6. バッティング

    【花咲徳栄の優勝で幕を閉じました】花咲徳栄の強打を作ったのは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今年の夏の高校野…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    プロ野球界で史上最高の右バッターはどうやってバッティングフォームを作っていたのか…
  2. マインド

    ジャイアンツの選手たちが教えてくれた『野球が上手くなるためにするべき事とは?』
  3. バッティング

    どんなボールにもついていけるようになる遊びとは?
  4. バッティング

    引きつけて打つから前で捌くへ!
  5. フィールディング

    野球の守備とベースボールの守備はどう違うのか?
PAGE TOP