コーチング

ドミニカ共和国の選手たちが行っている練習メニュー

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ドミニカ共和国の選手たちが行っている練習メニューがありました。

ラダートレーニング、ゴロ捕球、トスバッティングなど、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【鈴木尚広氏から学ぶ】誰も教えてくれなかった盗塁のコツ
  2. バットを短く持ったり、バッターボックスでの立ち位置を変えたり…
  3. 【小久保裕紀氏に学ぶ】チームを強くした伝統とは?
  4. 野球選手の育て方には解放という方法もある。
  5. 野球選手は体づくりも大事!

関連記事

  1. コーチング

    怪物ピッチャーを預かった監督が言っていたこと

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今月の19日に作…

  2. コーチング

    あのメジャーリーガーが語る「MLB流コーチング」

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。元日に鳥谷選手と…

  3. コーチング

    なぜプロ野球選手が育つのか?【野球選手としての本能を消してしまうな!】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ウチの弟が敦賀気…

  4. コーチング

    史上最強と言われた中学野球チームの戦術とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。僕が所属してた中…

  5. コーチング

    野球選手を育てようとしてるのに、なぜボールを扱わせないんですか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。以前、この動画を…

  6. コーチング

    野球選手としての本能を大切にしていたんだろうなと感じる動画。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。これは僕個人が勝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. マインド

    野球選手としてもっともっと成長するためには…
  2. バッティング

    あの安打製造機が語るバットコントロールとは?
  3. フィールディング

    25年ぶりに130試合以上に出場して捕逸がわずか『2』だったキャッチャーとは?
  4. ベースランニング

    【よく見ておきましょう】ランナーの動き
  5. バッティング

    【まさに芸術】アーロン・ジャッジ選手のバックスクリーン返し
PAGE TOP