マインド

失敗は失敗の母

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ちょっと時間があったのでたまたま目の前にあった『ツキの大原則』という本を読み返していたら面白い話が書かれていたので、その話を紹介させていただきます。

天才の予知能力障害

かつて、私を大いに励ましてくれた格言がある。「失敗は成功の母」。若い頃の私はこれを座右の銘にして、何かで失敗するたびに思い出し、自分で自分を慰めた。しかしよく考えてみると、これほどいい加減な格言はない。これが正しいとしたら、今頃、世の中には成功者がひしめいているはずである。というのも世の中の99パーセントの人は、成功しようとして失敗ばかりしているのだから。

現実はどうなっているのかというとーーー

★失敗は「失敗の母」
☆成功は「成功の母」

その理由を説明するのは簡単だ。失敗するほど失敗の記憶データが多くなるから、失敗を予感しやすくなる。失敗はラクラクイメージできるのに、逆立ちしたって成功のイメージは転がり出てこない。「また失敗するのではないか」とマイナスのイメージトレーニングに集中するから、ものの見事に失敗を実現してしまう。

一方、成功体験が多いほど、成功を予感できるようになる。予感がそのまま結果になるから、そのよい予感がどんどん実現し、とんでもないミラクルを成し遂げてしまう。読売ジャイアンツの長嶋監督が、恐るべき肯定的予知能力の持ち主であるのは間違いないが、それはミスターがプラス思考を心がけているからでも何でもない。若い頃に、たまたま成功が重なったせいで、失敗をイメージできない体質になってしまった。ペナントレースの終盤になり、トップのチームに9ゲームも離されているのに、まだ優勝しか信じられない。一種の予知能力障害、素晴らしい予知能力障害である。

長嶋監督の場合は、もともと記憶データが成功だらけの正真正銘の天才型だ。しかし、私たち凡人も、同じような予知能力障害になることができる。

※面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます

この本、面白いのでぜひ読んでみてください。

面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 別格。だからこそ厳しく!【吉田選手のバッティングについて】
  2. 【ノーアウト2塁】あなたならどんなバッティングをしますか?
  3. 1993年に56個のエラーをしたにも関わらずスーパースターになった選手とは?
  4. 【世界一の捕手であるヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】キャッチャーに必要なフレー…
  5. メジャーリーガーたちも恐れたピッチングフォームが誕生したのは…

関連記事

  1. マインド

    【大阪桐蔭のキャプテンから学ぶ】この時代に求められている野球選手とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、テレビで大…

  2. マインド

    【当たり前すぎて気付かない】私たちは毎日大切なプレゼントを受け取っている

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は面白い話を…

  3. マインド

    【この夏に輝いていた一人の投手】関東No.1と言われた投手の中学時代は…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今年の高校野球で…

  4. マインド

    一億円プレーヤーたちが今だからこそ野球少年に伝えたい事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。プレゼントを用意…

  5. マインド

    野球選手としてもっともっと成長するためには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、あるテレビ…

  6. ピッチング

    ”遊び”がなければ20勝投手は生まれなかった

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ジャイアンツで選…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    野球選手として自分の体をコントロールするために…
  2. ベースランニング

    チャーリー・ブラックモン選手のスライディング技術
  3. フィジカル

    史上最強の中学野球チームから学ぶ《少年野球チームのあるべき姿とは?》
  4. フィールディング

    補殺記録を塗り替える内野手は現れた!次は刺殺記録を塗り替える外野手が出てきてほし…
  5. バッティング

    【伝説のバッター】ハンク・アーロン氏のバッティング理論とは?
PAGE TOP