フィールディング

【日本とアメリカ】スローイングの時によくある違いとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

以前、ナイショのベースボールバイブルで紹介させていただいたんですが…

ソフトバンクホークス・川崎宗則選手のスローイングに注目してほしいんです。

実は日本にいた時の2007年とアメリカから帰ってきた2017年ではスローイングの仕方が変わってるんですね。

簡単に言ってしまうと左腕の使い方が違います。

見てみると2007年は左手が胸にあって、2017年は投手のように左腕を使っているのが分かりますよね。

実はこれ、日米のダブルプレーの時にもよく見る違いなんです。

ぜひ、ショートの選手の左腕に注目して見てください。

日本の選手は左腕はほとんど使わずにスローイングしているのがわかると思います。

では、次にメジャーの選手を見てみましょう。

もちろんメジャーにもいろんな選手はいるんですが、このように左腕を投手のように使って(要するにしっかりと割れを作って)投げている選手が多いんですね。

この辺のスローイングに対する考え方の違いがスローイングの強さの違いになっているのかなと思ったりもします。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 野球選手として成功する体質がある。
  2. 野球選手の能力を引き出すためにラミレス監督が考えている事とは?
  3. MLBを代表するバッターであるマイク・トラウト選手の感覚とは?
  4. 【クリケットから学ぶ】フィールディングドリル
  5. 保護中: 【つま先の向きが変わると身体が変わる】つま先を内側に向けた場合と外側に…

関連記事

  1. フィールディング

    大谷翔平投手の初登板の日に起こったひとつのプレー【フォーメーションは難しい…】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は朝からエン…

  2. コーチング

    野球選手を育てようとしてるのに、なぜボールを扱わせないんですか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。以前、この動画を…

  3. フィールディング

    【世界一の遊撃手であるアンドレルトン・シモンズ選手から学ぶ】内野手としての意識

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日の試合でオラ…

  4. フィールディング

    【海外のドリルから学ぶ】内野手の反応をよくするには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昔、電電近畿やN…

  5. フィールディング

    【内野手のゴロ捕球】捕球する時のひとつの技術とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。面白い動画があり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. マインド

    失敗は失敗の母
  2. バッティング

    【新しい打撃指標】バレルとは?
  3. バッティング

    【秋山幸二氏が語った】本当に凄かったバッターは?
  4. バッティング

    イチロー選手のバッティングから学ぶ。《連ティーに隠さているものとは?》
  5. ベースランニング

    ヘッドスライディングは速いのか?
PAGE TOP