フィールディング

【日本とアメリカ】スローイングの時によくある違いとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

以前、ナイショのベースボールバイブルで紹介させていただいたんですが…

ソフトバンクホークス・川崎宗則選手のスローイングに注目してほしいんです。

実は日本にいた時の2007年とアメリカから帰ってきた2017年ではスローイングの仕方が変わってるんですね。

簡単に言ってしまうと左腕の使い方が違います。

見てみると2007年は左手が胸にあって、2017年は投手のように左腕を使っているのが分かりますよね。

実はこれ、日米のダブルプレーの時にもよく見る違いなんです。

ぜひ、ショートの選手の左腕に注目して見てください。

日本の選手は左腕はほとんど使わずにスローイングしているのがわかると思います。

では、次にメジャーの選手を見てみましょう。

もちろんメジャーにもいろんな選手はいるんですが、このように左腕を投手のように使って(要するにしっかりと割れを作って)投げている選手が多いんですね。

この辺のスローイングに対する考え方の違いがスローイングの強さの違いになっているのかなと思ったりもします。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 壁にぶつかれる選手、壁を乗り越えれる選手
  2. 野球の神様はあなたに罰を与えません。
  3. ピッチングフォームを分析する『エクステンション』とは?
  4. 盗塁のスタートを良くするための反応練習法とは?
  5. 野球の指導者として一番大事なものは…

関連記事

  1. フィールディング

    【上手い外野手とそうでない外野手の違い】後ろの飛球の追い方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はマリナーズ…

  2. フィールディング

    どんな姿勢からでもアウトを狙う海外の内野手たち

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。デトロイト・タイ…

  3. フィールディング

    野球の試合はキャッチャーが命運を握っている【キャッチャーのための守備講座】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨シーズンは広島…

  4. フィールディング

    内野守備ドリル

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。クリーブランド・…

  5. フィールディング

    ランナーが一塁にいる時に左中間を抜ける打球が飛んだら野手はどう動きますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。カル・リプケン氏…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. マインド

    年俸15億円の選手が…
  2. ピッチング

    ピッチャーを育てる時の参考にしてみてください。
  3. フィールディング

    【世界一の遊撃手であるアンドレルトン・シモンズ選手から学ぶ】内野手としての意識
  4. バッティング

    常に自分の体と向き合い続けている偉大なバッター
  5. フィールディング

    【ヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】キャッチャーの基本練習とは?
PAGE TOP