フィジカル

史上最高のアスリートから学ぶトレーニングと食事

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日、少しだけ紹介したアシュトン・イートン選手。彼は十種競技の世界記録(9045点)を持っているい史上最高のアスリートです。

十種競技というのは一日目に100m、走幅跳、砲丸投、走高跳、400mを行い、二日目に110mH、円盤投、棒高跳、やり投、1500mを行う競技なので、走れないといけませんし、跳べないといけませんし、投げれないといけませんし、体力も持久力もテクニックも必要な大変な競技なんですね。

話は逸れますがこの漫画は素人同然の選手が十種競技に挑む面白い漫画で色々と考えさせられる漫画だったりします。

デカスロン 文庫版 コミック 全13巻完結セット (小学館文庫)

そんな十種競技の世界記録(9045点)を持つアシュトン・イートン選手が行っているアッパーボディ(上半身)とロアボディ(下半身)のトレーニング動画がありましたので、今日はその動画を紹介させていただきます。ぜひ参考にしてみてください。

それから…

イートン選手の奥様であるブリアンヌさん(元五輪選手)がブログインスタグラムをされてるんですね。この中で食事のことなんかを書かれているのでそちらも合わせて参考にするといいと思います。

【プロテインバーの作り方】

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【伝説の三塁手の話を聞いて気づいた】あなたはどんなセルフイメージで野球をしていま…
  2. 補殺数の世界記録を持つオジー・スミス選手。彼がどんな体を持つ選手だったか知ってい…
  3. あの選手はこれで50mを5.7秒で走れるようになった!【野球選手もスピードが求め…
  4. 【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?
  5. 東出コーチの話が参考になります。

関連記事

  1. フィジカル

    あの選手が160キロのボールを投げれる理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。以前、紹介したん…

  2. フィジカル

    運動神経を高めるトレーニング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。素晴らしいトレーニング…

  3. バッティング

    クロマティ氏が語る『バッターがクセにするべき事』

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日はMLBのオ…

  4. フィジカル

    相反する2つの理論【柔軟性?筋力?】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。多くのプロ野球選…

  5. フィジカル

    すごいすごいと思っていたメジャーリーガー。でも実は…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。アメリカの初優勝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    プロ野球界で史上最高の右バッターはどうやってバッティングフォームを作っていたのか…
  2. バッティング

    【松中信彦氏が語る】15歳以下の野球選手の育て方とは?
  3. フィジカル

    誰も教えてくれなかった『あなたの体の使い方』
  4. フィジカル

    足には細かい骨がたくさんあるので、その一本一本が動くように!
  5. コーチング

    野球選手を育てようとしてるのに、なぜボールを扱わせないんですか?
PAGE TOP