フィジカル

トップアスリートたちが食べていたものとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はトップアスリートたちが食べていたとされるものを紹介させていただきます。

まずはウサイン・ボルト選手。

世界最速で走る男が食べていたとされるのがこれです。

それからマイケル・フェルプス選手。

世界記録を39回樹立したスイマーが食べていたとされるのがこれです。

彼がどれほどの量を食べていたのかは調べないでください…

それからアシュトン・イートン選手。

この選手を知らない人もいるかもしれませんが彼は十種競技の世界記録(9045点)を持つキングオブアスリートです。ですから世界で最も凄いアスリートはアシュトン・イートンと言っても過言ではないんですが、そんな彼が食べていたとされるのがこれです。

最後は女性アスリートであるガブリエル・ダグラス選手。

彼女はオリンピックの1大会で複数の金メダルを獲得した初のアメリカ人体操選手なんですが、そんな彼女が食べていたとされるのがこれです。

え〜っと、それからこっちの動画も面白いですね。

トップアスリートたちが戦う前に食べていたとされるものです。

ボルト選手ってチキンマックナゲットを食べてたんですね。しかも20個。

それからセリーナ・ウィリアムズ選手はNOTHINGですから食べないということでしょうか。

それからそれからジーターはパンケーキとオムレツでしたね。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. これからの時代に大切になってくるバント。そこで【バントの極意】を制作します!
  2. 千葉ロッテマリーンズ・井口資仁選手のバッティング理論
  3. 【現在ナショナル・リーグ打率3位】ジャスティン・ターナー選手のバッティング理論
  4. 【バッティング】あなたの打ちやすいタイミングのとり方は?
  5. 私が考える究極のバッティングフォームを持つ男とは?

関連記事

  1. ピッチング

    【結局の話】勝つのは感度が高い選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズンからM…

  2. フィジカル

    ジョコビッチの生まれ変わる食事

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。広島カープの菊池…

  3. フィジカル

    【20歳で東京ドームの天井を直撃】彼はどんなトレーニングをしているのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日は読売ジャイ…

  4. フィジカル

    小学生の持久力トレーニングについて

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。この時期はトレーニング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    野球選手として自分のスタイルを崩さない強さを持つことの大切さ
  2. バッティング

    2年連続二冠王に輝いた選手のスイングイメージとは?
  3. フィールディング

    【二塁手】ダブルプレーのターンはどっち?
  4. バッティング

    【MLB開幕】メジャーリーガーたちが使うグリップテープ&トラウト選手のバッティン…
  5. フィールディング

    【内野手のゴロ捕球】捕球する時のひとつの技術とは?
PAGE TOP