フィールディング

井端コーチが京田選手に伝えていたゴロの捕り方とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ジャイアンツの井端コーチが中日ドラコンズの京田選手に守備のアドバイスをしている映像がありましたので、ぜひご覧ください。

・右足を軸にして左足を自由にした方がいろんな打球に対応できる
・もしボールを弾いても右足が前なら送球方向にボールは転がる
・基本的に左足が後ろにある方が一塁に送球する時にステップしやすい

こんな感じの話をしているように見えますね。実際に足の使い方はひと昔前に基本とされてきた話とは確実に変わってきているように思いますので、ぜひ井端コーチのお話を参考にしてみてください。

ちなみに…

世界一の三塁手はこんな感じで打球を処理します。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ジャイアンツ・小林選手の歩みを野球上達のヒントにする!
  2. 【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる
  3. 【12球団ナンバー1】すごいキャッチャーが出てきた!
  4. ボールを捕るときにジャンプをすると目線がブレない。
  5. ターゲットプラクティス!

関連記事

  1. フィールディング

    【海外のドリルから学ぶ】内野手の反応をよくするには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昔、電電近畿やN…

  2. フィールディング

    【ベイスターズ・山崎康晃投手に学ぶ】ピッチャーの仕事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。金曜日の試合です…

  3. フィールディング

    海外の野球少年たちはこんな守備練習をしている。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。Instagra…

  4. フィールディング

    【日本とアメリカ】スローイングの時によくある違いとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。以前、ナイショの…

  5. フィールディング

    野球の守備とベースボールの守備はどう違うのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は広島カープ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    保護中: あなたの打率を上げるための動画です【パスワードは本日のBBB通信で!】…
  2. バッティング

    これからの野球界はバットを強く振れない選手は使ってもらえない。
  3. フィールディング

    野球の試合はキャッチャーが命運を握っている【キャッチャーのための守備講座】
  4. バッティング

    野球選手がホームランを打ちたいと思ったら、ここからスタート!
  5. ベースボールIQ

    野球選手が上達するための極意とは?
PAGE TOP