フィールディング

25年ぶりに130試合以上に出場して捕逸がわずか『2』だったキャッチャーとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

全然知らなかったんですけどゴールデングラブ賞を受賞したジャイアンツの小林選手って今シーズン捕逸が『2』しかなかったんですね。130試合以上出場したキャッチャーで捕逸が『2』というのはヤクルトで活躍された古田氏が1992年に記録して以来の驚異的な数字だったそうです。

ところで昨年の今頃のことを覚えている方はいらっしゃるでしょうか?

日本代表の強化試合でプレーしていた小林選手。落差の大きい千賀投手のフォークボールが止められなかったんですよね。

(覚えておられない方はコチラをどうぞ)

こんな状態だった小林選手が地道な練習を重ねて…

ゴールデングラブ賞を受賞されたわけです。

確かに今年の打撃成績は寂しいもの(.206)ではありましたがココにも書いたように守備の安定というのは確実にバッティングに良い影響を与えます。現実に坂本勇人選手はすぐに首位打者を獲りましたからね。

まあ、小林選手が坂本選手ほど打てるようになるかというと何とも言えませんが、今シーズンの数字というのは小林選手のキャリアの中で最低の数字になるんじゃないかなと思います。

守備も打撃も一気に上手くなれればラクなもんですけど、なかなかそういうわけにはいきませんからね。コツコツがんばるのは大切なことではないでしょうか。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 野球選手としての成長は努力と比例しない。
  2. 保護中: 【内野手の基本】ラクな姿勢を覚える!(パスワードは2月2日のBBB通信…
  3. 野球界にも当たり前のように表に出てくるようになった『yips』
  4. きっと人間性が超一流だったから野球選手としても超一流になれたのではないでしょうか…
  5. 長い長い甲子園の歴史で最も飛んだと言われているホームラン

関連記事

  1. フィールディング

    バックハンド(逆シングル)に対するその考え方、甘くないですか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はちょっと見…

  2. フィールディング

    【内野手のゴロ捕球】捕球する時のひとつの技術とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。面白い動画があり…

  3. フィールディング

    【海外のドリルから学ぶ】内野手の反応をよくするには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昔、電電近畿やN…

  4. フィールディング

    【ボビー・ディッカーソンコーチが教える】内野手の守備について

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ボルチモア・オリ…

  5. フィールディング

    【上手い外野手とそうでない外野手の違い】後ろの飛球の追い方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はマリナーズ…

  6. フィールディング

    犬がボールを追いかけるように…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。2013年にレギ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    メカニズムとセンスのバランスはとれていますか?
  2. バッティング

    【近い将来】ブレイク必至のこの選手(※要注目)
  3. フィールディング

    【6年前にドラフト指名を受けたあの選手が…】今シーズンはショートでここまで失策0…
  4. フィールディング

    保護中: 【内野守備】鳥谷選手と上本選手の決定的な違いとは?【パスワードは3月2…
  5. バッティング

    あなたは2人の大打者が同じスイングをしていたって知ってましたか?
PAGE TOP